パスポートとBRPカード同時盗難で合計£615支払う羽目に・・・

2023年12月10日

何度かBRPカードの紛失について、記事を書いていますが、

今回は、その後の経過をメモしておきたいと思います。

この記事を見ている方は、きっとBRPカードを紛失されたか、または再申請しようとしている方かなと思います。

私の場合、ちょっと特殊ではありますが、

お役に立てれば幸いです。

盗まれてから今に至るまで・・・

ちょっと分かりずらい可能性があるので、時系列でメモしておきます。

1- 盗まれたのはパリで、9月末の出来事

詳しい事は下記にて書いております。

カバンごと盗まれたので、パスポートもBRPカードも全部無くなりました。9月26日の事。

その為、仮パスポートを申請しパリからイギリスで戻る。

その際、BRPカードを盗まれたとユーロスターのUK Borderに伝えると、今回はそのまま中に入れてくれました。※本来はイギリスに戻るためのビザを申請しないといけないようです。

2- イギリスに戻りBRPカードの再発行を依頼

パリでパスポートも盗まれているので、

パリの大使館で1度限り使用できる緊急パスポートを発行してもらいました。

費用€45 + 写真€8でした。

財布も盗まれているので、知り合いのパリ在住の方にお金を借りました・・・

パリからロンドンに戻って来次第(9月28日)、

まずは大使館にて新しいパスポートの申請をする。(9月29日)

DHLのエクスプレスでお願いし、10月5日にはパスポートをゲットしました。

その後、早速Webサイト上でBRPカードの再申請。

また、4日後(10月9日)に空いてあるBiometricの予約も完了。(直近だったため、£139支払ってます)

イギリスに戻ってきて、次の旅行の予定が3日後にあったのですが、流石にパスポートも現地で再申請しないといけないとか、不便なことが多いので、直近の旅行はキャンセル。

2週間後のキプロスに向けて、全ての予定を立て直す。

3- BRPカード再発行の申請完了後、キプロスに向かう

パリのUK Borderの人に、申請さえイギリス国内ですれば、カードが届かなくても私たちはパソコンの画面上で確認ができるから問題ないと言われたので、

BRPカードが手元にない状態でキプロスへ向かう。

旦那との旅行は1週間の予定だったが、

旦那が先にイギリスに戻り、念の為BRPカードをキプロスに速達で送ってもらい、

イギリスに入国しようと考えていました。

なので、私は2週間キプロスに滞在します。

4- BRPカード再発行申請して2週間経っても何も連絡なし

予定としては、

とサイトに記載されていたたので、旅行期間2週間は余裕だと思っていたのですが、

一向にメールが来ない。

ということで、少し国外滞在が長引くと思い、ベルリンへ向かう。

知人宅でお世話になることになりました。

5- BRPカードオフィスから、申請キャンセルメールが届く

今でも忘れない、手が震えた瞬間でした・・・

お買い物中に何気なくみたらメールが来ていました。

BRPカードオフィスから。

そこには、

住所確認を再度したいため、他の住所確認できるものを送って欲しいとメールをしたが、期限内(10日内)にメールの返信がなかったため、あなたのBRPカード再発行の申請はキャンセルされました。

との文でした。

私は、ずっとメールを待っていたので、どこにメールが来ているんだ!と必死に探してみると・・・

ゴミ箱に入っていました。(スパム扱いされていた)

その、オフィスが住所再確認のメールをくれたのは、10月の16日。

申請して1週間後にメールが来ていました・・・

なんとキプロスに行く前ではないか!

こんな内容です。

BRP card

そして、キャンセルされたメールは、10月31日。

ピッタリ11日目に来ました。

BRP card

それに気づかず、私はキプロスでもずっとメールを待っており、

その時は既にベルリンに移っていました。

ちなみに、なぜ再度アドレス確認が来ているかというと、

私も薄々大丈夫か気になってはいたのですが、

私はBank statementで住所確認を出しました。

その他の免許証なども盗まれたので・・・

ただ、なぜかBank statementの住所が、一部かけているんです。

例えば、私のお家の住所が100A bond streetだとすると、

Bank Statementはなぜか100 bond streetという感じで、

Aが抜けていたんです。

ただ、それでも荷物は届くし、また他の書類(NHSの手紙)などでも住所確認としてデータアップしたので大丈夫だと思っていましたが、やはりダメだったようです。

6- BRPカードオフィスに即返答するも既に音信不通

10月31日にキャンセルされたメールは、普通に受信できた為、

即座にメールが受信ボックスになかったので気づかなかったとメールを送り、

必要な情報を一緒に添付しましたが、

既に遅かったです。

その1週間は待ってましたが、なんの連絡も来なかったので、

キャンセルのメールが来たら、完全に覆せません。

7- イギリス国外にいるので、イギリスに戻る為の緊急ビザを申請する

私のSpouse Visaは2024年夏までなので、

本来なら普通に帰国できるのですが、

既にBRPカード紛失も届け出て、BRPカードの再発行もキャンセルになり、

パスポートも新しくなったので、帰国するには道が2つしかありませんでした。

  1. 緊急帰国する為のビザを発行する
  2. 新しいパスポートになったので、旅行者としてeGateから入国できないか?

というもの。

ただし、後者(2)に関しては、かなりの賭けですし、

もし引っかかって人のいるUK Borderに行くことになったら、

全てがバレてしまうので、それこそ大問題になります。

なので、ここはお金と時間を再度かけて、

イギリスに安全に入国できる方法を取りました。

長い目でみると、圧倒的にこっちの方が安上がりだと思います。

次の旅行が迫ってるのに・・・パスポートとBRPカードを盗まれた!

英国外でBRP再発行を申請することはできません。代わりに、英国に一度だけ再入国できる「BRPのビザの再発行」を申請する必要があります。料金は154ポンドです。
申請はこちらから

https://visas-immigration.service.gov.uk/country-selection

こちらを申請します。

国外にいる私は、再度BRPカードの申請は現段階でできません。

もしこの段階で国内にいる場合は、再度BRPカードを申請すればいいだけです。

私の場合、なぜかブラウザのキャッシュで、

本来見えるべき情報が見れませんでした。

Visa officeに電話したところ、

一度BRPカードを申請した場合、キャッシュが残っていると、引き続き国内にいることになってしまい、

国外にいる際の申請ページが見えないことがあるようです。

なので、その場合は、キャッシュを一度綺麗にするか、

または全く新しいブラウザで上記リンクをクリックすると、

正しいページが表示されるようになります。

8- ドイツで「BRPのビザの再発行」を申請

英国に一度だけ再入国できる「BRPのビザの再発行」を申請の費用は、154ポンドです。

ウェブ上には、このような金額が記載されていますが、

それだけではありません。

ドイツでBiometricをする必要があり、

UK VISAを対応しているオフィスに予約する必要があります。(イギリス国内でやるように、国外にいても、Biometricsをする/予約必要があるんです。)

このオフィスは以前も私使用していたのでわかるのですが、

不要なサービスが勝手にincludeされるというか、どう変更できるのか分かりにくい。

現地で説明してもわかってもらえなかったので、毎回高いお金を払ってます。

さて、

ここドイツ・ベルリンのVISAセンターの予約で、

  • 一番安いアポイントメント91ユーロ、(プレミアムタイム※このプレミアムタイムしか選べない)
  • Holding my passport 100ユーロ (自分で持っておかなくても良くても、勝手にこれが選択される)

という感じで、

「BRPのビザの再発行」を申請費用の154ポンドとは別に、

191ユーロ別でかかってます。

これ、1度だけイギリスに帰国するためのビザですよ!

もし、BRPカードを海外で紛失したり、盗まれたら、本来これを申請しないといけないんです。

ちなみに、エクスプレスは別途500ユーロでしたが、

私はこれ以上、BRPカードにお金かけたくないので、

待つことにしました。

平日15日以内で答えが返ってくるそうです。(3週間・・・)

もし海外でBRPカード盗まれたりしたら、これ、ビザ来るまで3週間ホテル暮らしとかになるってこと!?

恐ろしいや・・・

9- 「BRPのビザの再発行」が、発行された!

私が「BRPのビザの再発行」を申請(Biometric)したのが、11月6日です。

そして、今からあなたの情報を確認しますとメールが来たのが、11月14日午後。

なので、もしエクスプレスで申請していたら、この部分が翌日にはチェックされるとかになるんだと思います。

大体1週間くらい早まる感じかな?と思いました。

私の場合、14日に確認スタートすると連絡が来て、

「BRPのビザの再発行」されたのでベルリンのオフィスに行ってくれとメールが来たのが、

なんと2日後の11月16日午前中。

ただ、私の場合、なぜかholding my passportしか選べなかったので、このパスポートをVISAセンターに持っていき、1週間以内に戻ってくると書いてありました。

なので、11月16日の午後にはパスポートをVISAセンターに持っていきました。

VISA センターの人曰く、早かったら明日には、遅くても来週月曜には受け取れるはずと言われました。

なので、VISA センターのBiometricした時にもらった紙に書いてある、1週間かかるというのは、最大であって、大体パスポートを私たら翌日には受け取れるようです。(混み具合にもよる)

申請(Biometricが)11月6日なので、エクスプレスでなくても2週間以内には受け取れました!

エクスプレスの場合は、多分3~4日で出るかもしれないですね。

10- 「BRPのビザの再発行」付きパスポートを受け取るが・・・

さて、飛行機のチケットを買って早くイギリスに戻りたいという思いを胸に、

まずはビザのチェックを・・・とパスポートを確認したところ。

なんと、ビザの有効期限は11月21日〜1ヶ月間ってなってる!

私は翌日には帰国しようと考えていたので、飛行機のチケットを買うところでしたが、

いろいろと問題がありすぎたので、念の為パスポートを確認してから・・・

と思ってまだ買っていませんでしたが、正解でした!

ビザは、発行された5日後から使用できるようです。(なぜよ)

という事、で11月21日の飛行機チケットを購入し、無事イギリスに入ることができました。

11- UK Borderは問題なく入国させてくれた

もちろん、ビザを持っているので問題ないはずなのですが、

私の場合、一度BRPカードキャンセルになってるし、一度帰国してカードがない段階で外国に出てしまってるので、

突っ込まれるかなと思いましたが、そんなことなく。

たわいもない友人の話を突然してきて、和気藹々と話して終わりました。

BRPカードはイギリス国内で再度申請してねとだけ言われました。

12- 早速BRPカードの再発行を依頼

また1からのやり直しです。

もう慣れたもんで、質問もほぼ覚えてます笑。

19ポンド再度支払いし、Biometricしなくてもいいのかな?

以前の情報があるだろうし・・・と思いましたが、

やはり再度するそうです。

キャンセルになったら、そのデータを全て消されるんですかね・・・

また140ポンド近く支払うのか、と思ってBiometricができるところを見てると、

やはり高い!

高いところだと250ポンドとか!

もう海外に行く予定はないので、時間に余裕があるので、できるだけ安く済む日時を探していると、

East hamで0ポンドというのを発見!

しかも2週間後とかで、全然問題ない!

ということで、早速予約。

すごい!

13- East Hamの方が融通がきいた

時間ぴったりにきてくれとメールには書いていますが、

早めに行っておきたい・・・

ので、30分前に到着。

以前Biometricをやったクロイドンでは、外でみんな時間になるまで待っていましたが、

ここEast Hamは図書館で中で座るところもあります。

念の為、2階へ上がり確認すると、30分前でもいいよって。

しかも、全然空いてる!

クロイドンは、中に入って40分ほど待ちましたが、ここは待ち時間なし!

10分くらいで終了。

ここでも写真を撮られ、アップした情報が問題ない、指紋をとって終わり。

14- BRPが1週間で届いた!

BRP再申請をオンラインで行い、

Biometricをやりに行ったのが12月7日。

そして、無事BRP発行されたよのメールが12月11日、そして12月12日には発送しましたメール、

そして12月13日には、なんとBRPが自宅に到着しました!

なんと1週間かかっていないという・・・

前回、ちょっとした住所の違いで書類再発行ってなってしまったけど、

今回は少し違う書類出したらスムーズだった・・・

最初からこちらで出したら、

こんなに1ヶ月以上ロンドンに戻れないとか、合計350£近い再発行費用も支払わなくてよかったのね。

勉強代だと思って、ここにメモしておきます。

BRPカードやビザ申請したら注意すべき点

今回、私が痛いほど反省したのは、

メールはゴミ箱までしっかりチェックすること。

また、VISAオフィスのメールで検索するのではなく、個人番号があれば、それでメール内を検索すること。

私は、個人番号よりも、VISAオフィスからのメールが来ないか、メアドのドメインで検索していたのですが、

よく考えたら、そしてよく見たら、BiometricのオフィスとUK VISAオフィスは、全くの別物で、

完全に異なるメアドで来ています。

個人番号(申請番号等)は、必ずメールに記載されているので、

今後は、この番号で検索しようと思います。

あとゴミ箱も!

反省しました・・・

長々となりましたが、うまくいけば通常7日〜10日で再発行されるようです。

そして、パリで荷物を盗まれて、パスポートやBRPカード(3回申請/国内外)の費用で、

コメントを残す

Your email address will not be published.

(AD)

Don't Miss

次の旅行が迫ってるのに・・・パスポートとBRPカードを盗まれた!

次の旅行が迫ってるのに・・・パスポートとBRPカードを盗まれた!

前回に引き続き、今回はパスポートとBRPカードの更新情報をメ

ドイツから日本に荷物を送る方法

仕事柄、ドイツから日本に向けて荷物を送ることが多いのですが、

London Fashion Week SS24 Dates

SS24 London Fashion Weekは、9月15