ミラノから行ける日帰り旅行!

ミラノから日帰り旅行で行く、コモ Bellagio べラジオ レッコを周るフェリー Ferry旅行

ミラノから日帰り旅行で行く、コモ Bellagio べラジオ レッコを周るフェリー Ferry旅行

今回はミラノから1時間くらいで行ける美しい湖のある街をご紹介します。

それは、

  • Lecco(レッコ)
  • Bellagio(べラジオ)
  • Como(コモ)

の3箇所です。1日で全てまわれます。

9月末でしたが幸い暖かく、かなり天気も良く最高のフェリー旅となりました。

ミラノ・セントラル駅から1本で行ける

私が今回ご紹介するのは、LeccoとBellagio、そしてComoからミラノへ戻る日帰り旅行です。マップで見るとこんな感じ。

メインはBellagioという中心にある★の部分です。

ミラノから日帰り旅行で行く、コモ Bellagio べラジオ レッコを周るフェリー Ferry旅行

○で囲っている部分が、ミラノ中心地です。

ミラノセントラル駅で、RE8という電車でLeccoという右側の矢印の部分に40分で行けちゃうんです!

Lecco(レッコ)とはどんな都市?

レッコは、イタリア北部、コモ湖の南東岸にある都市です。レゼゴーネ山(Monte Resegone)などの山々に囲まれ、あらゆるレベルのトレイルがあり、ピアニ・デルナ展望台(Piani d’Erna lookout point)にはケーブルカーで行くことができます。モンテ・バロ・リージョナル・パークには遊歩道があり、5世紀の集落跡やコスタ・ペルラ・バードウォッチング・ステーションがあります。街の中心部には、ネオ・ゴシック様式の鐘楼があるサン・ニコロ教会(Basilica di San Nicolò)があります。

Google

イタリア人の友達やイギリスの友達に、ミラノから行ける日帰り旅行を聞いていましたが、何度かLeccoからフェリーに乗るといい!という話を聞いていました。

今回は、そんな機会に恵まれました。

LeccoからフェリーでBellagioへ

Leccoに着いたら10分程度歩きますが、湖が見える方へ歩いていくと、フェリー乗り場が合わられます。

わからない場合はGoogle Mapで調べたら出てきます。

こちらのサイトで確認もできます。

ミラノから日帰り旅行で行く、コモ Bellagio べラジオ レッコを周るフェリー Ferry旅行
こんな小さなフェリー乗り場です。
ミラノから日帰り旅行で行く、コモ Bellagio べラジオ レッコを周るフェリー Ferry旅行
チケットを買ったら、ここの列に並んでフェリーに入ります。

途中で、小さな町並みも楽しめますよ!

とても小さな街ですが、とってもローカルな雰囲気で素敵です。

チケットはその場で購入可能!

フェリーで1時間くらいだったかな?2時間だったかな?

確か、エクスプレスと普通の2種類があったと思います。

どちらも、他の駅でフェリーが止まります。

私たちは、LeccaからBellagioまでいくと決めていたのでおりませんでしたが、フェリーでチケットを購入する際、いろんなチケットがあるようです。

※例えば、Lecca⇄Bellagioの往復だったり、Lecca→Bellagio→Comoなどあるようです。

私たちは最初はLecca⇄Bellagioの予定だったので、往復でチケットを購入してしまいましたが、Bellagio行きのフェリーの中で知り合った方が、Lecca→Bellagio→Comoの予定で向かっているという話を聞いて、私たちも予定を変更。

Bellagio駅で、Como行きのチケットを買い直しました。

(変更は不可、またチケットは到着時に帰りの分も買うのがよし。なぜなら、チケットがどんどんなくなっていきます!帰りたい時間に、チケットがないということもありそうですので、ご注意を!)

せっかくなら、全ての街を楽しみたいですもんね!

見てください、この景色!

フェリーに乗っている間は、ずっとこんな感じ。

フィンランドのフェリー旅行をしたいと思っていましたが、ここも素敵!そう素直に思いました。

Bellagio(べラジオ)は絶対行くべき、素敵すぎる!!!

ベラージオは、イタリアのコモ湖に突き出た岬にある村です。石畳の小道、優雅な建物、湖を望む18世紀の段々畑、ヴィラ・セルベローニ公園で知られています。近くには、展覧会やパフォーマンスが行われる芸術の塔や、ロマネスク様式のサン・ジャコモ教会もあります。岩の多いロッピアビーチの近くにある航海器具博物館には、日時計やコンパスが展示されています。

Google
ミラノから日帰り旅行で行く、コモ Bellagio べラジオ レッコを周るフェリー Ferry旅行
Bellagio (ベラジオ)

このベラジオ(ベラジーオ)は、Leccoよりも大きい印象で、ホテルも多く、多くのフェリーがひっきりなしに乗り降りしていました。

中心地は歩いて回れる程度ですが、もっと奥まで行くと時間かかるかと。

街中を歩いていくと、多くのカフェやアイスクリーム屋、お土産屋さんにレストランと現れます。

その中で私たちが立ち寄ったレストランは、レビューも良くさらに金額もリーズナブル!(ここ結構重要)

なぜなら、ほかの場所はもちろん観光地価格で結構高いです。

美味しいし、価格も日本と変わらない程度で本場の味を楽しめました。

ミラノから日帰り旅行で行く、コモ Bellagio べラジオ レッコを周るフェリー Ferry旅行

街中はこんな感じで、建物は可愛い色をしていたり。

湖はこんなに澄んでいるんです。

夏に来たら絶対に泳ぎたい!

Bellagio (ベラジオ)からComoへフェリーで行く

昼くらいにBellagio (ベラジオ)に到着し、その場で帰りのフェリーチケットを買っておいて正解!

時間を早めることが確認したら、19時までもう埋まっているとのこと。

そのため、17時にフェリーでそのままComoまで向かうことに。

このBellagio (ベラジオ)からComoへ向かう間、この辺りは多くの世界的有名人が別荘を持っているようです。

Googleで調べたら出てきます。

まあ、でもそんなのみたところで、あ〜そうかって感じなんですね。

ただ、それくらい、景色は最高!

ってことですよね。本当にフェリーで帰る道中(水上中)でも、そう感じました。

Comoからミラノまでは40分程度!

さて、最後の街Comoへ来ました。

ただ、正直な話、特に真新しいって感じはなかったけど、まあ、小さな街があるんだねって感じでした。

フェリーでこのように回った帰りならいいかなって感じですが、ミラノからComoだけの観光だと物足りないかもしれません。

いかんせん、Bellagio (ベラジオ)があまりにも良くて・・・

Comoでは徐々に暗くなってきたので写真を撮っていません。

って、写真を撮りたい!っていう感じもあまりない感じでした。

さて、Comoからミラノ中心駅まではやはり1本で40分程度で行けます。

サクッと帰れるのが本当にありがたい。

電車代も10ユーロしなかったと思います。

是非、ミラノから日帰り旅行を検討されている方は、このようなルートで小旅行してみてはいかがでしょう?

参考になりましたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です