Let's go back to London from New York!!
0

Let's go back to London from New York!!

こんにちは! 先日ニューヨークに行ってきましたが、ロンドンに戻って参りました。 ニューヨークのJFKに行くには、マンハッタンのグランドセントラルという駅の近くか、ペンステーションなどで直行シャトルバスが出ています。 詳しくはここをチェック http://www.nycairporter.com/OurServices/JFKAirportShuttle.aspx 渋滞がなければ40分程度、渋滞だと1時間以上かかる時もあるので、時間帯によっては、早めに出発した方がいいかな?また、シャトルバスは、15分〜20分の間隔で1本走ってます。 さて、私のニューヨークの3週間の旅はこれで終了になってしまうな〜なんて思うと、なんだか友だちとのお別れの時に、涙が自然と出てきた。。なんだか寂しい。 一時はニューヨークに戻って来ようと思っていたのに、私はロンドンを選んだ。そんな理由もあってなんだかとても寂しかった。 ニューヨークの空港JFKは何度も行ってるけど、なんだか私の中では廃れてる印象です。 韓国のインチョンとはかスゴイな〜って思う。成田と同じような印象^^ お買い物はそれほどする物はないけど、税金無しでさらに10%引きなどもあるので、オススメ!何かチョコとかお酒、化粧品は空港で買った方がいいかな! という事で、機内では爆睡で、不思議なんだけど、食事の時だけは目が覚める(笑) 動物の感というものなのか! ロンドンにはヒースローに到着。ヒースローでは待ち時間も朝だったからか珍しくなく、チェックするUK BORDERの人もとても優しくてよかった! と言う事で、ロンドンに無事に到着★

July 09, 2013
未分類  

ニューヨークの食事

ニューヨークに久しぶりの3週間滞在中、友だちがいる時は一緒に食事をし、友だちがいない場合は、一人での食事も結構たったので、旅行で一人で行かれる方の為に、簡単に食べられるレストランや食事の情報をお届けします。 さて、私が住んでいたのは14streetのユニオンスクエア。 どこにいくにもバッチリの立地で、私は地下鉄もよく使ったけど、よく歩いた!ので、結構色んなお店を見たような気がします。 なので、少しずつ紹介していきますね。 やっぱり、ニューヨークに来たらまず初めに食べるのはコレ! SHAKE SHACK in NY シェイクシャック http://www.shakeshack.com/ 最近ロンドンにこのお店がオープンしました!是非今度行ってみたい^^

July 08, 2013
未分類  
ナイアガラの滝に行くの巻き3
0

ナイアガラの滝に行くの巻き3

1泊2日ニューヨークからナイアガラの滝を見てきました。 長年の私の夢だったナイアガラは、本当に素敵なもので、今度は是非カナダ側から行ってみたいな〜と思ってます。 さて、ニューヨークにきたら、ナイアガラの滝を見たい!と思う方も多いと思うので、今回は私が参加したツアーなどをご紹介しますね。 ●ツアー情報 会社名:Take tours http://www.taketours.com/ 私は2-Day Niagara Falls Tour from New York/New Jersey というツアーに参加しました。 金額は、108ドルでホテル付き、チャイナタウンからのバスツアー。 現地で参加するボートなどは別で支払います。 ●総合評価 ツアーガイドは2人で若い中国の女の子。 でも経験があるのか、しっかりしていました。 少しミスやバスが故障するなどといった事があって、到着時間が3時間程遅れたけど、それでもイヤだな〜と思う事なく、二人の一生懸命さに私は満足しました。 あ、そうだ、途中でインド人がなんかトイレ休憩したトイレが汚くて入れないとかで、なんか文句いって一度バス運転手さんとモメたけど。。。国籍が違うので、色んな事があるのね。 中国の会社のツアーでしたが、60%インド人、20%ヨーロピアン、20%アジアンといった感じでした。 8時間〜10時間はバスに乗れる覚悟のある方には、格安で旅行にいけるチャンスだと思います。私が全然余裕な人なんだけど、一緒にいった友だちは、常に身体が痛いと嘆いていました。 ●このツアーでお金はというと。 *ツアー代金108ドル *朝食代、ランチ、途中休憩で色々30ドル *現地でのツアー(ボートに乗る奴で15.5、あと村みたいな所に行く奴が意外 と高かった25ドル)で40ドル *2日間のバス運転手さんとガイドさんへのチップで15ドル *夕飯で20ドル といった感じで、結局トータルで220ドル近く使っています。 それでも本当に安く行けたと思ってる。飛行機だともっと高いので。。 400ドル〜600ドルが相場じゃないかな〜 ちなみに、Buffalo空港からナイアガラまでは1時間程と記載されてたけど私の感覚だと30分到着したかな! ホテルはこんな感じ。テレビも大きくて久しぶりに私はバスタブに浸かりました。 これは、カナダ側の滝の前。しぶきがすごくてびしょびしょになった!でも、すっごい楽しかった〜 アメリカ側からの景色。とても素敵でしょ!こっちからだと、カナダのタワーがしっかりと見えていいかも。 ボートに乗り終わった人たちは、滝のすぐ側まで行ける階段を上がって、撮影してます。 アメリカ側の滝の近くは、なんだか古〜い印象。フードコートがとても高かったので、私はハードロックカフェに2日間お世話になった。同じ位に金額。 こんな感じ!もう水しぶきがスゴイ。意外と近くまでよってくれるんだけど、目を開けてられない! みんなこんな感じでブルーのレインコートをもらって並んでいます。 みんな撮影頑張ってたり、耐えられなくて下向いてたり。結構激しいです。

July 02, 2013
Europe  
ナイアガラの滝に行くの巻き2
0

ナイアガラの滝に行くの巻き2

さて、色んな問題が発生しながらも、ようやくナイアガラの滝につきました^o^ ニューヨークのチャイナタウンを出てから、本当に11時間後の事! 普通は8時間〜9時間での到着なんだけど、前に書いたみたいに、私たちのバスはなんだかトラブル続きで3時間程、さらに時間かかったもよう。 それでも、バスの中で寝れたりしたので、私は大丈夫でした。 さて、ナイアガラの滝に着くとすぐに各自で食事を。 その後にインディアンショーのお金を払った人達は、八時半から、そうでない人達は 9時半まで自由行動。 ここで目についたのは、Hard Rock Cafe in Niagara Falls NY!! こりゃ行くしかないでしょ!と思い、ここでがっつりとお食事。 懐かしいロックを聞きながら、疲れを取り、空腹を満たしました。 Tip&tax入れて、18ドル。 まー満足! さて、ちょっとこの辺りを紹介すると、本当になんにもないような感じのところに、急にナイアガラの滝がある感じ。 ハードロックカフェ以外は、私は見たけど興味がなかった笑。 そのまま、小さな公園を通り過ぎて見えたのは、このビュー! これは、橋のような所から写真を撮ったもの。9時近いのに、まだ明るくて、ライトアップされてない´д` ; しかし、下の方にさがったら、ライトアップされました! これが、ナイアガラの滝のナイトビュー! もっと暗くなると、さらに素敵! これは、全てアメリカ側の夜景です。 9時半に私たちのツアーはホテルに向かうので、少し写真をとったら、そのままバスに向かう。 バスは、Buffalo Airportの近くらしく1時間かかると言われたが、三十分でつきました! 格安ツアーなので、ホテルもどうかと思ったけど、良かった!タオルもあるし、シャンプーリンスーなど、無くてもくれます。 私はバスタブに久しぶりに浸かって、癒されてます★

July 02, 2013
Europe  

ナイアガラの滝に行くの巻き1

昨日の夜にチケットをネットで予約し、本日朝から弾丸のナイアガラの滝に向かっています。 現在は、その途中のガラス工房?のような所で、このツアーでお金を払った人だけはガラス工房を見てるけど、私は興味がなかったので、そのままここでブログを書いてます笑。 私は本当にナイアガラに行きたかったので、どの行き方がいいのか、アメリカの質問サイトなども参考に見た結果、ここを選びました。 http://www.taketours.com/niagara-falls-ny/local-tours-from-new-york/ マンハッタンのチャイナタウンにてバスが出ていて、途中で2カ所でピックアップするみたいだけど、ほとんどの人はここのチャイナタウンで乗るみたい。 金額は手数料など取られず、一人当たり108ドル。 ここには、バスの往復代とホテル代が含まれてます。 なので、メガバス(MEGABUS)を使おうと思ってたけど、往復の金額だけで178ドル位だし時間が少しあわなかったので、このツアーに参加する事にした。 まだ始まって間もないんだけど、良い点は。 1スタッフが若い割にはしっかりとしている。 2私はバスは窮屈ではないと思う 3金額が何よりも安いし、2人で行くと1人無料という、3人グループにはとっても魅力的な割引をしている。※1人での参加はシングルベッドになるので、少し割高に。 4時間もそれほど早い訳ではなく、チャイナタウンに朝の8時、リターンは翌日の夜8時とか。 悪い点と言えば。 1最初に乗ったバスのエアコンが胡椒していて、2時間くらい、この暑い夏にクーラー無しで走った。その後に、バスを変更してくれたけど、それが次の問題を引き起こし、そのバスが1人分席が少ないという事が判明、結局そこで1時間さらに時間待たされた。。。 2朝の8時、私たちのバスは出発せず、30分遅れ。月曜の朝、SOHO近くとあって、渋滞が半端じゃなく、15分で行けるところを、45分かかった。 渋滞やらバス変更、一つ席がないなどがあって、結局3時間遅れ? 3このツアーのサイトにはOptionとしか書いてないけど、このツアーは必ずガラス工房やインディアンショーにいくので、そのお金を払わない人たちは、こうやって無駄な時間を過ごす事になる。 ホテルやナイアガラに行ってくれればいいけど、その前にこのオプションがあるので。。 という所。 天気は、大雨だったり止んだり。 明日はなんとか晴れればいいな〜。 あ、このツアー、夜のナイアガラと昼のナイアガラも見れる点がオススメ!まだ見てないけど、そこは楽しみ〜!雨だけは止んでほしいけど!

July 01, 2013
Europe  
ゲイパレード in NY
0

ゲイパレード in NY

今日はついにニューヨークのゲイパレードの日。 私はこの日を待ちに待っていたのだった。今日は2013年6月30日。 毎年、この当たりの時期にやるのかな? ロンドンでもゲイパレードはあったんだけど、私は海外に旅行中だったので見れなかった。。。なので、これは初めて。 どんなもんかと思っていたら、とてつもなかった。 午後12時からのスタート。 最初は街はいたって普通なんだけど、始まる直前にやっと人々が並びはじめて、あっと言う間に見えないよ〜! でも、40st~10cst位までの距離でやるので、場所によっては混んでるけど、それほど大変な祭りではないので、ご安心を! パレードが始まると、何人か有名なゲイの方々?らしき人が登場した後で、次々にたくさんの人たちが楽しそうに踊ってる! みんなカッコいいよね〜。 私が印象に残ってる文章で、「Just marred today!」っていうのがあった。 みんな歓声をあげて祝福しているのが印象的だった。 その他、上半身脱いで参加してる女性だったりも多くて驚いた。 途中から考えさせられたのは、有名な会社が広告としてパレードで名前を出している事。 多分、しょうがないんだろうけど、少しなんだか寂しい気持ちにもなった。純粋に楽しめたけど、大手会社の名前がドカン!と書いた宣伝カーに乗ってのパレードも多く、ちょっぴりね。 印象に残った写真たちをアップ! 4時間位やってたよ!私は途中でサンプルセールに行ってしまった><

July 01, 2013
Europe  

エンパイアステイトビルがレインボーカラーに!

今日、何気なく食事のあとに外を歩いていると、みんなが何かを写真とっているので、なんだろう?と思って空を見上げてみたら! 私は何度かこの街にきてるけど、こんなレインボーカラーは始めてみた! なので、友達に聞いてみると、今週末に、ゲイパレードがあるみたい。 なので、ニューヨークのシンボルとも言えるエンパイアステイトメントビルまでをも、レインボーカラーに! 自由の国とは言うものの、本当にすごいなーと思った。

June 30, 2013
未分類  

プレミアムアウトレット from NY

ここ、ウッドベリープレミアムアウトレットは、以前はシャネルがあったので、かなりテンション上がったけど、今はないみたい。といっても、以前もアウトレットにいったら、ほとんど物は無くなってたけど笑。

June 28, 2013
未分類  
ニューヨークとロンドンの違いって?
0

ニューヨークとロンドンの違いって?

{:ja}ニューヨークにきてから、そろそろ10日が経とうとしている。 私は今回、ニューヨークにいて、ロンドンとニューヨークの違いを感じる事が多い。   【建物/街並】 ニューヨークはとにかく、ビルや家具に仕掛けがされていたり、街を歩くだけでモダンアートの世界に飛び来んだかのような風景を、よく見る事が出来る。 古いビルも新しいビルも、上手に一つの街として作り上げられている。 ロンドンはというと、全体的に古い建物がまだ多いような気がするけど、またそれがとても味があって素敵なヨーロッパの風景を楽しめる。 新しいビルや建物はこれからという所だろうか。 【店員さんの態度】 私が今回本当に感じた事は、お店の店員さんの態度。 日本からいくと、どの世界も「えっ。。。」と思う事は多いのは事実だけど、私はもうそんな事は慣れた。 でも、ロンドンからニューヨークにいって感じた事は、その「えっ。。。」なのだ。 とロンドンの接客は、タクシードライバー、駅員、コンビニの店員、カフェのスタッフであっても、みんな親切で丁寧に教えてくれる。 が、ここニューヨークは、本当に腹がたつような態度を取られるな~と感じる事が既に多々あるので、そこはもう諦めた方がいい。 前に住んだ時に感じてたけど、ロンドンで1年近く住んでたら忘れていたようだ。。 【インターネット】 インターネット事情はというと、 ニューヨークはどこのカフェの無料のWi-Fiを簡単に探す事が出来る。 が、少し危険な臭いがするので、ネット検索などならいいけど、その他の場合は、ちゃんとしたホテルや携帯のネットを飛ばした方がまだ安全なような気がする。 ※詳しくはわからないけど、無料のWi-Fiは簡単に探せるけど、それを使ってネット使うと思うと、危険信号(私のパソコン)が出るので、危険のようだ。 あとニューヨークは携帯電話のSIMカードを買って1カ月だけの短期などを購入すると、なんと75ドル程度かかる!!! 高い! ロンドンはというと、SIMカード(いくらか忘れた)を購入して、1カ月の使用だと15ポンド(20ドル位)で、ネット無制限でさくさく動く。 ニューヨークのネット無制限は、75ドルでも遅い!と私はいいたい。 けど、ロンドンでフリーWi-Fiはあんまりないような? 何かあれば、スタバやAppleの前に行けば、世界各国どこでも使える^^ 【天候】 私が来た時期6月中旬~からの天気だけど ニューヨークは、超晴れ。 年によって違うようだけど、今年は既に暑いらしい。確かに、暑いけど、日焼け止めしなくても、そんなに焼けない。 ※30度前後 ロンドンは晴れてても寒い。 友だちの話曰く、20度前後。私からすると、それでも暖かくなったな~と思った程。でも、夜はたまに10度前後まで下がるので、やっぱり寒いね。。ロンドン。 【夏のセールの時期】 セールの時期は、ニューヨークは、6月18日の段階で既に始まっていた。7月4日を皮切りに、本格的なセールが始まるらしい。 ロンドンは6月15日~ほとんど結構始まってきた。本格的なセールは、7月頭からじゃないかな? 【生活用品のプライス】 生活用品の金額面でいくと、 ニューヨークは、ロンドンより安い印象。 例えてみると。。。 (ドル=100円/ポンド=160円で計算) ■お洒落なカフェのハンバーガーが ニューヨーク⇒10ドルくらい+チップで2ドル=1200円 ロンドン⇒10ポンドくらい=1600円 ■電車代1週間 ニューヨーク⇒30ドル=3,000円 ロンドン⇒30.4ポンド⇒4,864円 *一回の乗車の場合 ニューヨーク⇒2.75ドル=275円 ロンドン⇒4.5ポンド=720円(※オイスターカードがない場合での計算、ある場合は2.8ポンド=448円) こう見ると、スゴイ電車代が高いので、是非近そうな距離の場合は歩いてみて!全然歩けますよ。 ■ラテの場合 ニューヨーク⇒4ドル=400円(だいたい350円~400円って感じ) ロンドン⇒2.5ポンド=400円(250円~400円って感じ) ちょっぴりロンドンの方が珍しく安い! 【家賃】 ニューヨーク(マンハッタン)⇒探せば800ドル~1300ドル(キッチン、バスなどのシェアで)=10万~13万 ロンドン⇒550ポンド~900ポンド(ゾーン1~ゾーン2の近いところ)=88,000円~144,000円 だいたいほぼ似たような感じ。 もちろんスタジオの場合はもっと高いけど。 【治安】 そして、治安面ですが、私が感じる事だけだけど、 スリなどは断然にロンドンの方が多いです。 ニューヨークは、逆に私は安全なような気がした。※安全じゃないけど。 ロンドンは本当にスリが多いので注意して!最初の1カ月~2カ月目にいった子たちは、ほぼ70%の確率で、やられています。 もちろん長く住んでいる人でも取られるので、本当に注意が必要。 ニューヨークはその点、その感じがしない。 【ナンパ度】 私がよく友だちから聞くのは、ロンドナーもニューヨーカーもどこにいるのかと。 逆にいうと、それほど観光客が多すぎて、わからないという事。 だか、そういった観光客が声をかけてくる事が多いような気がするけど、でもコンサートやライブ、パブに行くと現地の人も気軽に声かけてくれるので、どちらも同じかなー。 ニューヨークにいる時は、やたらと、黒人に声をかけられる事が多かった。 【その他の情報】 ニューヨークの週末は、意外と夜遅くまで空いているが、ロンドンは日曜は17時には例えピカデリーサーカスであっても閉まるので、ご注意を。 またニューヨークは黒人が多い印象。アジアンも多いが、英語が上手。 ロンドンに住んでる日本人と、ニューヨークに住んでる日本人は、ちょっと違うな~と思う事もある。でもいい意味で^^ そんな感じで、ニューヨークとロンドンの違いを感じたままに書いてみました。{:}{:en}ニューヨークにきてから、そろそろ10日が経とうとしている。 私は今回、ニューヨークにいて、ロンドンとニューヨークの違いを感じる事が多い。   【建物/街並】 ニューヨークはとにかく、ビルや家具に仕掛けがされていたり、街を歩くだけでモダンアートの世界に飛び来んだかのような風景を、よく見る事が出来る。 古いビルも新しいビルも、上手に一つの街として作り上げられている。 ロンドンはというと、全体的に古い建物がまだ多いような気がするけど、またそれがとても味があって素敵なヨーロッパの風景を楽しめる。 新しいビルや建物はこれからという所だろうか。 【店員さんの態度】 私が今回本当に感じた事は、お店の店員さんの態度。 日本からいくと、どの世界も「えっ。。。」と思う事は多いのは事実だけど、私はもうそんな事は慣れた。 でも、ロンドンからニューヨークにいって感じた事は、その「えっ。。。」なのだ。 とロンドンの接客は、タクシードライバー、駅員、コンビニの店員、カフェのスタッフであっても、みんな親切で丁寧に教えてくれる。 が、ここニューヨークは、本当に腹がたつような態度を取られるな~と感じる事が既に多々あるので、そこはもう諦めた方がいい。 前に住んだ時に感じてたけど、ロンドンで1年近く住んでたら忘れていたようだ。。 【インターネット】 インターネット事情はというと、 ニューヨークはどこのカフェの無料のWi-Fiを簡単に探す事が出来る。 が、少し危険な臭いがするので、ネット検索などならいいけど、その他の場合は、ちゃんとしたホテルや携帯のネットを飛ばした方がまだ安全なような気がする。 ※詳しくはわからないけど、無料のWi-Fiは簡単に探せるけど、それを使ってネット使うと思うと、危険信号(私のパソコン)が出るので、危険のようだ。 あとニューヨークは携帯電話のSIMカードを買って1カ月だけの短期などを購入すると、なんと75ドル程度かかる!!! 高い! ロンドンはというと、SIMカード(いくらか忘れた)を購入して、1カ月の使用だと15ポンド(20ドル位)で、ネット無制限でさくさく動く。 ニューヨークのネット無制限は、75ドルでも遅い!と私はいいたい。 けど、ロンドンでフリーWi-Fiはあんまりないような? 何かあれば、スタバやAppleの前に行けば、世界各国どこでも使える^^ 【天候】 私が来た時期6月中旬~からの天気だけど ニューヨークは、超晴れ。 年によって違うようだけど、今年は既に暑いらしい。確かに、暑いけど、日焼け止めしなくても、そんなに焼けない。 ※30度前後 ロンドンは晴れてても寒い。 友だちの話曰く、20度前後。私からすると、それでも暖かくなったな~と思った程。でも、夜はたまに10度前後まで下がるので、やっぱり寒いね。。ロンドン。 【夏のセールの時期】 セールの時期は、ニューヨークは、6月18日の段階で既に始まっていた。7月4日を皮切りに、本格的なセールが始まるらしい。 ロンドンは6月15日~ほとんど結構始まってきた。本格的なセールは、7月頭からじゃないかな? 【生活用品のプライス】 生活用品の金額面でいくと、 ニューヨークは、ロンドンより安い印象。 例えてみると。。。 (ドル=100円/ポンド=160円で計算) ■お洒落なカフェのハンバーガーが ニューヨーク⇒10ドルくらい+チップで2ドル=1200円 ロンドン⇒10ポンドくらい=1600円 ■電車代1週間 ニューヨーク⇒30ドル=3,000円 ロンドン⇒30.4ポンド⇒4,864円 *一回の乗車の場合 ニューヨーク⇒2.75ドル=275円 ロンドン⇒4.5ポンド=720円(※オイスターカードがない場合での計算、ある場合は2.8ポンド=448円) こう見ると、スゴイ電車代が高いので、是非近そうな距離の場合は歩いてみて!全然歩けますよ。 ■ラテの場合 ニューヨーク⇒4ドル=400円(だいたい350円~400円って感じ) ロンドン⇒2.5ポンド=400円(250円~400円って感じ) ちょっぴりロンドンの方が珍しく安い! 【家賃】 ニューヨーク(マンハッタン)⇒探せば800ドル~1300ドル(キッチン、バスなどのシェアで)=10万~13万 ロンドン⇒550ポンド~900ポンド(ゾーン1~ゾーン2の近いところ)=88,000円~144,000円 だいたいほぼ似たような感じ。 もちろんスタジオの場合はもっと高いけど。 【治安】 そして、治安面ですが、私が感じる事だけだけど、 スリなどは断然にロンドンの方が多いです。 ニューヨークは、逆に私は安全なような気がした。※安全じゃないけど。 ロンドンは本当にスリが多いので注意して!最初の1カ月~2カ月目にいった子たちは、ほぼ70%の確率で、やられています。 もちろん長く住んでいる人でも取られるので、本当に注意が必要。 ニューヨークはその点、その感じがしない。 【ナンパ度】 私がよく友だちから聞くのは、ロンドナーもニューヨーカーもどこにいるのかと。 逆にいうと、それほど観光客が多すぎて、わからないという事。 だか、そういった観光客が声をかけてくる事が多いような気がするけど、でもコンサートやライブ、パブに行くと現地の人も気軽に声かけてくれるので、どちらも同じかなー。 ニューヨークにいる時は、やたらと、黒人に声をかけられる事が多かった。 【その他の情報】 ニューヨークの週末は、意外と夜遅くまで空いているが、ロンドンは日曜は17時には例えピカデリーサーカスであっても閉まるので、ご注意を。 またニューヨークは黒人が多い印象。アジアンも多いが、英語が上手。 ロンドンに住んでる日本人と、ニューヨークに住んでる日本人は、ちょっと違うな~と思う事もある。でもいい意味で^^ そんな感じで、ニューヨークとロンドンの違いを感じたままに書いてみました。{:}

June 28, 2013
Tips  旅情報  
NYの夜景が見れるルーフトップ
0

NYの夜景が見れるルーフトップ

今日は夜にニューヨークの夜景が見れるルーフトップに来ました。 入り口がわかり辛いけど、エレベーターや家具、ビル全てがおしゃれで、さすがニューヨークと感じられた場所。 私は夕暮れに来たので、サンセットも夜景も見れました! でも、なんだか、彼氏とここは来たいなーと思う場所でした。

June 27, 2013
Europe