旅ヒント

世界2周でかかった費用と、旅行の際の自分ルール

single image

世界を一人で周ろうと決めたのは、昔から海外に住みたいなという淡い気持ちがあったので、仕事をどこでも出来るよう準備していたことと、お金と時間に余裕できた、でも心の余裕がなくなっていた事に気付き始めてから、ようやく海外にいってみようという気持ちになりました。

仕事が嫌いだったわけではなく、責任がある職務や現状に満足していて、やりたいことも数多くあったので、そのまま仕事を継続していてもよかったのですが、やはり仕事をしながら、自分の能力とモチベーション、他人とのコミュニケーションに疲れてきている頃、結局、全てから逃げるように海外に出たのがきっかけです。

ただ、世界地図を見ながら、どこにいくか考えていたら、ワクワクしてくるではないですか。

当時は英語なんて本当に話せなく、でも、なんとかなるという気持ちだけなぜがあったんです。

そして、最初に行こうとしていたルートだと世界一周チケットの方が安くなる計算にたどり着き、結局世界一周チケットを買ってみました。なので、最初から世界のどこかに必ず行きたいという目的ではなかった。

もし、これを読んでいる方が、私と似たような感じであれば、是非このルールを見てくれたら幸いです。
また、もしまったく同じ環境じゃなくても、今後世界一周を一人でしてみたい、どこか旅したいという方にも参考になればと思います。
ルールというとなんだか堅苦しいけど、私が一人旅行で決めていた事をメモしておきます。
※私は世界二週したが、一周ごとにだいぶ異なる旅の仕方をした。


1周目

お金も時間も余裕があるが、ずっと仕事ばかりしていた私にとって、一人の長期旅行は初めてに近い。ましてや世界一周なんて初めて。
旅行中も個人の仕事をしなくてはならなかったので、優先順位としては、

  • 安全とwifiが第一優先。(多少高くても、気持ち的に楽ならいいところに滞在したい)
  • まだ英語はそんなに話せないので、せっかくなら英語圏で語学学校も体験したい。
  • その時にしかできないことは、お金を払ってでもやりたい。欲しい物はできるだけ買いたい。
  • 現地の人の自宅でも暮らしたいから、少しはホームステイをしたい

かかった費用の内訳 (約1年)

  1. 世界一周チケット 45万くらい
  2. 学費23週(NY/Miami/London) 23週 57万
  3. ホームステイ 10週 23万
  4. 現地での生活費 180万~
  5. 買い物 300万前後
  6. 旅行 100万前後
  7. 宿代 75万前後

合計 780万前後
※ドルは確か90円、ポンドは125円の時期
この時期は、世界一周は1度しかしないし、やりたいことはやって、買いたい事は買おう!と決めていたので、食べたいもの、欲しいもの、行きたい所にはいっていました。お金には余裕があったってのがこの時のすごいところ。今は全くありません。(笑)

夢であったF1GPをモナコで観る事もできました。チケット代、旅費もそれだけで10万以上かかったけど。そんな旅なので、普通よりは贅沢しています。ただご褒美です。20代頑張った自分への。


二週目
時間に余裕があるが1週目のようにお金には余裕がない。
が、すでに海外での生活になれ、世界各国に友達がいる。観光はしなくていいが、現地の友達を作りたいし、現地の生活をしたい。

という事で、かかった費用の内訳 (約2ヶ月)

  1. 世界一周チケット ANAマイレージ65,000分を使用したので無料だが、サーチャージ他 約9万
  2. 宿泊費 友人の自宅に宿泊
  3. トータル7日間のみホステルで宿泊 25,000円
  4. 現地での生活 35万
  5. 買い物 25万
  6. 旅費 12万

合計 835,000円前後
※ドルは確か100円、ポンドは140円の時期だったかな

チケット代はマイレージがたまっていたのでサーチャージや手数料だけで済んだ。また現地に友達がいるので、各国で無料で宿泊。その代り、レストランやバーなどでは出来る限り私が支払ったので、生活費が割高になっている。またお買いものはやはり欲しい物を抑えても、これくらいは買ってしまった。。ヨーロッパではスケジュール通りではなく急に行きたくなったスウェーデンにいったりしたので、旅費が別途発生している。
だいぶ節約したが、もっと節約旅行できると思う。


さて、本題ですが、私の中で旅をする上で決めていることがある。それを下記にまとめてみました。

1) 自分の直感で危ないと思うようなところには、行かない。

これは、街やクラブ、どんなところでもそうだが、特に少しでも気になった国には気をつけている。
例えば、私はエジプトのカイロやインドに行きたかった。しかし、なんだか少し不安もあり、今回は行くのをやめた。ちょうどそれから少しして、ニュースで問題があったりしたので、行かないという決断は正しかったと思っている。(その時は)
今回行かなくても、必ず行く機会は出来る。そう信じて、無理に行くのはやめている。

2) 自分の予算内ではあるが、行きたいところ、やりたいこと、欲しいものは、その時に買う。

最近は、またいつでもいけると思う。だが、予算内なら”今を楽しんで”欲しい。そういう意味を込めて、今しかできない楽しみはやっておくべし。

3) 人付き合いは自分次第

特に男関係は気をつけるべき。ヨーロッパや南米の感覚は日本とは大違いである。嫌であればノーという事をためらってはいけない。逆にいいのなら、積極的に出てもいいのかも?笑
男女関係だけじゃなく、物売りやレストラン、友人関係でも日本とは違う。その違いを愉しむ余裕をもって!

4) 自分は自分で守る

上と似たような内容だが、誰と付き合うか、どこで滞在するか、それほど私は苦労しなかったが、特にカウチサーフィンや現地で知り合った人の自宅で寝泊まりする場合は、気をつけて。特にアジアの女の子にやさしくしてくる人の全てがいい人、悪い人とは言えない。人によって違うが、その違いは自分で見極めるしかない。問題がおきてからだと遅い。

5) 現地の友達をたくさん作る

良く海外に行くと同じ国通しの人たちでつるみたくなる気持ちもわかる。しかし、せっかく海外で一人で旅をしているのだから、現地の友達を作り、現地の生活を私は楽しみたいと言う人なので、そういう人は出来るだけ日本語を使わない生活を心掛けて。現地の言語を学ぶいいチャンスでもある!

6) ネットが繋がる時に、出来るだけ自分の居場所を家族や友人に伝える

何があるかわからないので、出来るだけ私は現在の居場所をSNSなどで投稿していた。またはメールしていた。

7) 出来るだけ新しいことに挑戦、そしてできるだけ新しいカフェやレストランに行く

気に入ったところがあれば、そこにいけばいい。ただ長く滞在すると、新しいことや物に好奇心が湧かなくなる。なので、出来るだけその気持ちを忘れないようにする。

8) 自分の滞在場所を常にメモしておく

言葉の通じない国にいって、万が一帰れなくなった時に、住所を見せてのさてもらうとか、タクシーなどに乗る事が出来る。が、住所を相手に口頭で伝えるのはなこなか難しいので、メモしておこう。

9) ビジネスカードのようなものを準備しておく

私の場合、仕事につながる人との出会いは逃したくない。また、以前仲良くなった人と連絡先を交換した矢先に携帯を盗まれて、連絡ができなくなったことがあるので、相手に自分のことを知ってもらえるものを渡せてらいいかも。

覚えていることだけでもメモしておいた。役にたてば幸いです^^

 

Leave a Comment

Your email address will not be published.

You may like