" A super cool template for bloggers, photographers and travelers "

ベルリン // ヨーロッパから日本へ行く場合(更新あり)

こんな時期にかと思われるかもしれませんが、どうしても日本に帰る必要があるため、ヨーロッパから日本行きの飛行機を手配しました。その際に調べた内容をメモしておきます。

飛行機について

飛行機は、通常私はスターアライアンスのマイレージを貯めている関係上、ベルリンから東京までは直行便がないため、スイス経由かデンマーク経由などで帰国していました。

今回はコロナの影響で国を経由しない方がいいかと思い、フランクフルト経由(ドイツ→ドイツ乗換→日本)という飛行機にしました。

ANAとフルトハンザなので、気持ち的にも安心です(笑)

コロナのテストは出発前に必要?

ドイツここベルリンのコロナの状況が先週から徐々に悪くなってきており、他のヨーロッパに行くにも自前にコロナのテストが必要だったりします。

そんな中で、帰国まで5日になってしまった今、突然日本に帰国する際も必要か心配になり、夜な夜な調べてみましたが結果わからず。

寝る前にANAにメールでお問い合わせすると、数時間後には丁寧なメールが届いていました。

1.日本入国前のコロナウィルスPCR検査について

弊社では通常、渡航先の入国条件に基づき
チェックインカウンターにて必要書類の確認を実施しておりますが
現在、ヨーロッパ発-日本行きのフライトへご搭乗時には
PCR検査陰性証明書の提出は不要でございます。

なお、日本での検疫体制強化に伴い、日本到着時には
国際線でご到着された皆様にPCR検査を実施しております。

詳細は、以下URLよりご確認くださいますようお願いいたします。

▼新型コロナウイルス感染拡大に関する対応について
https://www.ana.co.jp/ja/jp/topics/notice200501/#anchor003

ANAのお問い合わせの返答

との事で、現在ヨーロッパ発- 日本行きのフライトを利用する人は、自前検査は不要との事でした。しかし、もちろん心配であったり、症状がある人は日程を延期する、または体調が良くなってから検査を受けるなど、滞在先の保健所などにお問い合わせをし、日程変更したりしたほうがいいですね。

入国するのに書類など必要?

こちらも入国管理局へお問い合わせをしたところ、特に日本国籍の方や特別永住者の人などは不要だとの事です。現在海外から日本に向けて一部の国から入国ができるように(ビジネスや学生などのビザ持ちの方などが対象)なっているようですが、その方達は、書類が必要のようです。

入国するにあたり

全員、日本での検査はあるようです。

また、検疫における新型コロナウイルスの検査結果が陰性でも、入国の次の日から起算して14日間は、ご自身で確保した滞在場所で待機することが要請されることには変わりがありません。※現在ニュースなどではこの14日の自己隔離がなくなるかも?というような話がありますが、基本的に14日間はどこにも出ない、人と会わないを徹底する方が無難かと。

また、空港までハイヤーや家族の迎えがない場合はホテルに待機なども同じようです。

そのほか、情報が変わりましたらこちらでお伝えします。

帰国をする方、または旅行される方、この状況下でかなり情報が日に日に変わってきていますので、上記内容は10月12日現在の内容としての参考までに。ご自身の出発時や場所によっては内容が異なりますことをご了承ください。

また、ヨーロッパはリスクエリアも増え日常生活にも徐々に影響が出始めていますので、私がいう話でもないですが、是非個々が気をつけて生活、移動してください^^

さて、情報更新があるのでここに記載します。

ルフトハンザにチェックイン拒否される・・・

さて、私は日本生まれ育ちですが外国籍です。そのため上記のように調べてチェックインをしに空港のチェックインカウンターに行きましたが、Travel Documentsやコロナのテストが必要だと言われ搭乗拒否されました。(オンラインチェックインがシステム上できなかった為)

朝早い便だった為、大使館にも電話できず、ルフトハンザは常に大使館に情報をもらってくれと一点張り。しかし入国管理局も乗り継ぎのANAも不要だと言われなぜ必要と言っているのがわからず、その場でANAに電話をし便の日程を変更してくれました。

フルトハンザに書類が必要なら今日の便は乗れないから、変更してくれと言ったところ、変更手数料がかかると言われましたが、ANAは電話中に無料で変更してくれました。(さすがANA)

その後、大使館に電話したところ、やはり大使館の人もルフトハンザの言っている書類は私は不要で、コロナのテストも不要とのことでした。その為、フルトハンザが言っている書類などは全く不要という結果になりました。

ただし、またチェックインする際に同じことを言われると思い、大使館には私は書類が不要だという旨の手紙を書いてもらっているのと、ANAや入国管理局に英語でお問い合わせをし、コロナテストや書類は不要だという内容を返答いただいたものをコピーとして持っていきます。

その他、ルフトハンザにも電話で問い合わせをしましたが、かなり対応が悪く、メールの返事もまだきていないので、き次第印刷して持っていきます。

現在は、コロナの影響で情報がなかなか錯乱しているので、私も理解しています。ただルフトハンザの対応には今もがっかりです。(乗れなかったというよりも、説明を下にも全く説明するすらさせてくれない、聞いてもくれないという態度で終わりだったので。。)

最後は愚痴になってしまって失礼しました。