海外で生活する際、持って行ったら便利なもの
0

海外で生活する際、持って行ったら便利なもの

{:ja}私が海外で旅行ではなく生活する上で持って行って良かったもの、持っていくべきだったものを、少しまとめてみました。今後、海外で生活を予定している方に是非読んでほしいです♪ 性別やタイプによって、まったく参考にならない可能性もありますが、少なからず、私には役にたった、ちょっと変わったものたちです。    インスタントカメラ チェキ もちろん海外でも購入できます。ただ日本の方が安いです。またそれほど高くないので、そのまま現地で仲良くなった人にあげる事も!なぜかというと、結構かさばるので...    床マット 海外は靴での生活が長いので、つい床に座りたくなってしまう・・・なので、私はこれを持って行きました。正解でした♪ かさばりますが、向こうでは購入できないので、かなり重宝しますよ!    ジェルネイルキッド 海外でもジェルネイルをやってもらう事は可能ですが、国によって比較的高かったりします。そのため、私は日本からこのタイプのものを持参して、自分でやっていました♪ ただ残念な事に、私の指にはあわないのか、徐々に荒れてきてしまいました><    消せるペン 留学で行かれるかた、またお子様と一緒に行かれる方、そうでなくても、このタイプのペンは海外ではなかなか探せません。またあったとしても、結構高いので日本から持っていく事をおすすすめします!また私が留学をしていた際、このタイプの消せるペンを大量に持って行き、仲良くなった友人に分けてあげました。海外ではなかなかお目にかかれないようで、かなり喜んでいましたよ!  {:}{:en}私が海外で旅行ではなく生活する上で持って行って良かったもの、持っていくべきだったものを、少しまとめてみました。今後、海外で生活を予定している方に是非読んでほしいです♪ 性別やタイプによって、まったく参考にならない可能性もありますが、少なからず、私には役にたった、ちょっと変わったものたちです。    インスタントカメラ チェキ もちろん海外でも購入できます。ただ日本の方が安いです。またそれほど高くないので、そのまま現地で仲良くなった人にあげる事も!なぜかというと、結構かさばるので...    床マット 海外は靴での生活が長いので、つい床に座りたくなってしまう・・・なので、私はこれを持って行きました。正解でした♪ かさばりますが、向こうでは購入できないので、かなり重宝しますよ!    ジェルネイルキッド 海外でもジェルネイルをやってもらう事は可能ですが、国によって比較的高かったりします。そのため、私は日本からこのタイプのものを持参して、自分でやっていました♪ ただ残念な事に、私の指にはあわないのか、徐々に荒れてきてしまいました><    消せるペン 留学で行かれるかた、またお子様と一緒に行かれる方、そうでなくても、このタイプのペンは海外ではなかなか探せません。またあったとしても、結構高いので日本から持っていく事をおすすすめします!また私が留学をしていた際、このタイプの消せるペンを大量に持って行き、仲良くなった友人に分けてあげました。海外ではなかなかお目にかかれないようで、かなり喜んでいましたよ!  {:}

May 19, 2015
Life  旅情報  
イギリス 免税 (タックスフリー)を上手に使おう!
0

イギリス 免税 (タックスフリー)を上手に使おう!

イギリス旅行に行くなら、イギリス 免税 (タックスフリー)を上手に使おう! 是非知っておきたいのが免税手続きの方法とポイントだ。 最近では日本でもあちらこちらでtaxfreeという看板を目にする機会が増えたが、イギリス、そしてヨーロッパではアメリカと違ってタックスフリーがいたるところで受けられる。 イギリスの税金は20%ですが、手数料などをひかれ約10%前後が戻って来る。高額なお買い物をしたら結構いい金額が戻って来るので、見逃せない! ただし、小さなショップやコンビニのようなショップではもちろんやってくれないし、スーパーなどでもやってもらえなかったと思う。(スーパーはやったことないので不明) また、ショップによってタックスフリーが受けられる最低金額がある。(£30以上購入でタックスフリー手続き可能とか) なので、ショップに確認しよう。 1回で最低限の金額を買わないといけないわけではなく、複数枚のレシートの合計で最低限の金額になっていればやってくれる。ただ、例えば最低限が£30でだいたい10%が戻ってきたとして、£3である。店員によっては面倒くさそうな顔をしたり、またそういうレシートが各ショップで溜まり過ぎると、その後に自分が記入する回数も増えるので、その辺りは自分にあった方法で、この制度を把握する必要がある。 たまに、ショップの店員がやり方をわからない場合があるが、だいたい人気のショップなどはほぼ確実にtaxfree制度が導入されているので、聞いてみよう。 そして、taxfreeを受けるのに必要なのが、レシート&パスポートである。 手順は下記の通り。 1) ショップで購入し、レシートを受け取る 2) 最低限の金額に達して、お買い物が終了したのなら、ショップのレジに行きパスポートとレシート(複数枚のレシート)を提出。 3) 長いレシートのような物/またはしっかりとした用紙に必要事項(住所や名前、タックス変換方法など)記入しろという場合があるので、それを記入。 ※言われない場合は、空港に到着前までに記載しておくこと。 4) 空港でtaxfreeオフィスにてパスポートとショップから頂いた用紙に自分の情報を記入し渡す。 その場で日本円でもらえたり、クレジットカードに変換されるか自分で選んだ方法でお金が戻って来る。クレジットカードの場合は2ヶ月位かかるが、一番クレジットカードが手数料など低くお金が多く戻ってきたと思うが、すぐ現金が欲しい人には現金をお勧めする。そのお金で免税ショップで買い物が出来るからだ。 ヒースローには2箇所のオフィスがあり、1つは常に大行列の地下鉄から地上に上がった目の前にあるオフィス。もう1つは空港に入りチェックインも済ませ免税品が販売している手前にある。地上にあるオフィスは常に30分以上待つ印象で特に中国人やタイの人たちの便と重なる時間帯の場合は、下手したら1時間待ちだ。タックスフリーをしたい方は、空港へ2時間前ではなく3時間前には行くほうがよさそうだ。 また気をつけるべきことは、購入したものを手元に持っておく必要がある。私は一度も聞かれたことがないが、複数ん友人は手元にレシートの商品がなかった事で、免税を受けられなかったと聞いた。空港の外にあるオフィスは常に混んでいてそれ程聞かれている人を見かけないが、空港内のオフィスでは、みんな手荷物が少ない状態(既にチェックインも済ませているのでスーツケースも渡している状態)なので、その割にレシートの金額が高かったりする場合は、確実に聞かれるだろう。 さて、またここで気をつけないといけないのは、通常の短期旅行の場合は問題ないが、3ヶ月以上滞在の場合は、イギリスを出る3ヶ月以内の買い物だけが対象となる。 留学で1年イギリスにいる場合は、仕事で一時的にイギリスにいる場合などは、高額なお買い物は残りの3ヶ月以内にすると、お買い得かもしれない。 しかし、イギリスには多くのセールがあり、タイミングによってはそのタックスフリーよりも安く手に入る場合もあるので、どちらが安い購入なのかは、お任せする^^ 是非、レシートは手元に残し、出来るだけお買い得なお買い物を楽しんでください。 {:}{:en}イギリス旅行に行くなら、イギリス 免税 (タックスフリー)を上手に使おう! 是非知っておきたいのが免税手続きの方法とポイントだ。 最近では日本でもあちらこちらでtaxfreeという看板を目にする機会が増えたが、イギリス、そしてヨーロッパではアメリカと違ってタックスフリーがいたるところで受けられる。 イギリスの税金は20%ですが、手数料などをひかれ約10%前後が戻って来る。高額なお買い物をしたら結構いい金額が戻って来るので、見逃せない! ただし、小さなショップやコンビニのようなショップではもちろんやってくれないし、スーパーなどでもやってもらえなかったと思う。(スーパーはやったことないので不明) また、ショップによってタックスフリーが受けられる最低金額がある。(£30以上購入でタックスフリー手続き可能とか) なので、ショップに確認しよう。 1回で最低限の金額を買わないといけないわけではなく、複数枚のレシートの合計で最低限の金額になっていればやってくれる。ただ、例えば最低限が£30でだいたい10%が戻ってきたとして、£3である。店員によっては面倒くさそうな顔をしたり、またそういうレシートが各ショップで溜まり過ぎると、その後に自分が記入する回数も増えるので、その辺りは自分にあった方法で、この制度を把握する必要がある。 たまに、ショップの店員がやり方をわからない場合があるが、だいたい人気のショップなどはほぼ確実にtaxfree制度が導入されているので、聞いてみよう。 そして、taxfreeを受けるのに必要なのが、レシート&パスポートである。 手順は下記の通り。 1) ショップで購入し、レシートを受け取る 2) 最低限の金額に達して、お買い物が終了したのなら、ショップのレジに行きパスポートとレシート(複数枚のレシート)を提出。 3) 長いレシートのような物/またはしっかりとした用紙に必要事項(住所や名前、タックス変換方法など)記入しろという場合があるので、それを記入。 ※言われない場合は、空港に到着前までに記載しておくこと。 4) 空港でtaxfreeオフィスにてパスポートとショップから頂いた用紙に自分の情報を記入し渡す。 その場で日本円でもらえたり、クレジットカードに変換されるか自分で選んだ方法でお金が戻って来る。クレジットカードの場合は2ヶ月位かかるが、一番クレジットカードが手数料など低くお金が多く戻ってきたと思うが、すぐ現金が欲しい人には現金をお勧めする。そのお金で免税ショップで買い物が出来るからだ。 ヒースローには2箇所のオフィスがあり、1つは常に大行列の地下鉄から地上に上がった目の前にあるオフィス。もう1つは空港に入りチェックインも済ませ免税品が販売している手前にある。地上にあるオフィスは常に30分以上待つ印象で特に中国人やタイの人たちの便と重なる時間帯の場合は、下手したら1時間待ちだ。タックスフリーをしたい方は、空港へ2時間前ではなく3時間前には行くほうがよさそうだ。 また気をつけるべきことは、購入したものを手元に持っておく必要がある。私は一度も聞かれたことがないが、複数ん友人は手元にレシートの商品がなかった事で、免税を受けられなかったと聞いた。空港の外にあるオフィスは常に混んでいてそれ程聞かれている人を見かけないが、空港内のオフィスでは、みんな手荷物が少ない状態(既にチェックインも済ませているのでスーツケースも渡している状態)なので、その割にレシートの金額が高かったりする場合は、確実に聞かれるだろう。 さて、またここで気をつけないといけないのは、通常の短期旅行の場合は問題ないが、3ヶ月以上滞在の場合は、イギリスを出る3ヶ月以内の買い物だけが対象となる。 留学で1年イギリスにいる場合は、仕事で一時的にイギリスにいる場合などは、高額なお買い物は残りの3ヶ月以内にすると、お買い得かもしれない。 しかし、イギリスには多くのセールがあり、タイミングによってはそのタックスフリーよりも安く手に入る場合もあるので、どちらが安い購入なのかは、お任せする^^ 是非、レシートは手元に残し、出来るだけお買い得なお買い物を楽しんでください。  

April 10, 2015
ニューヨークでお買い物!Tax free 免税 は? お買い得ショップは?
0

ニューヨークでお買い物!Tax free 免税 は? お買い得ショップは?

急遽、久しぶりにニューヨークに行くことになりました。だいたい半年ぶりかな?でも季節が真逆なので、楽しみです。 そんな中、ちょっとお仕事でいくつか買い付けの依頼を頂いています。久しぶりに成田とJFKの往復なので、次の旅行の荷物などを考えないでいいので、ちょっと買いすぎないようにと、今からお買い得なショップや情報、何を購入予定かなどをメモっています。 そこで気になったのが。 タックスフリー (Tax free) = 免税 ! やっぱり気になります。ニューヨークでの買い物に重要なポイントです。Shopping in  NYC tax free イギリスに長くいたので、イギリスの感覚でTax freeを依頼しても、確かニューヨークではそもそもその制度がなかったように思います。 なので、ちょっと調べてみました。 In some places, there is also a city sales tax. Sales tax: 4.5% in addition to the state sales tax of 4% and the Metropolitan Commuter Transportation District (MCTD) surcharge of 0.375%. This makes the total ...

February 18, 2015
イギリス ビザ 入国拒否 されず、入国する為の注意点
0

イギリス ビザ 入国拒否 されず、入国する為の注意点

久しぶりに、 イギリス ビザ 入国拒否  、という、イギリスに行く方には非常に避けたいこの入国拒否について、実際に入国拒否を受けた友人や知り合いからの例を元に、お話してみようと思います。 これからイギリスに短期留学、大学留学される方、旅行で行かれる方、国際結婚で永住される方、仕事で行かれる方。 イギリスに行く理由は様々だと思います。 ビザについては、またじっくりとそれぞれの特徴、取得方法をお知らせ致します。 さて、今まで私の周りでもイギリスで入国拒否となった方たちが複数人います。そのみんなの特徴を調べて、できるだけ入国拒否にならずに安全に入国できるようにしたいですね。 アイルランドにWorking Holiday(ワーキングホリデー)で行き、アイルランドにいる際に何度かヨーロッパ旅行に。 その後、ロンドン留学を決めロンドンに無事入国。(学校の手続きなどもしっかり完了して入国) 学校3ヶ月行き、日本に帰国する前に、せっかくだからとヨーロッパ旅行にもう一度行く事に。スーツケースや荷物をロンドンの自宅に置き、身軽な状態で旅行としてヨーロッパ旅行へ。10日後にロンドンに入国し、その1週間後には日本帰国というスケジュールで日本帰国用のチケットも手配。・・・しかし入国拒否。 このケースで、私が問題だったと思う点はいくつか。 1) SVV=student visit visaを保有している人が、学校終了後にヨーロッパ旅行へ行くのは、避けたほうがいい。行くのであれば、学校に通っている間に、ホリデー手続きを行い、学校側からレターを発行してもらうべき。 └一度イギリスを出て、もう一度戻り6ヶ月滞在しようとする人がいるので、UK Border側はかなりこの状態を嫌ってる印象の為。ちなみに、1年に6ヶ月以内であれば滞在可能で、1度イギリスを出て、また入ってきたらそこからさらに6ヶ月滞在できるとことではないようですので、お間違いなく。(私がイギリスにいる間に、お金を払ってビザ専門会社に聞いた情報ですので、ほぼ間違いないかと) 2) ヨーロッパ旅行をかなりしているのであれば、また留学を何度かし、今回も3ヶ月ロンドンにいるのであれば、少しは英語が話せるべきという、先方のイメージがあるのかもしれない。(憶測) 友人はアイルランドで勉強し、ロンドンでも学校に通っていたが、リスニング、スピーキングが苦手だったようで、UK Borderの受け答えが上手にできなかった。→不信感を与え、別室での取り調べになった→なぜ勉強したのに何もわからない?という不信感を与えてしまった。 ※パニックになって普段以上に話せない、先方は留学生だからといってゆっくり話してくれないのでご注意を。 3) 私が帰国後に話しを聞いて感じたことの1つですが、必要以上のことは話すべきではない。(聞かれた事以上を話してしまって自爆してしまった可能性も) この友人は、なぜロンドンにまた入りたいのか、という質問で不信感を与えてしまった(?)ようで、その後の別室での質問で、聞かれてもいないアイルランドのワーキングホリデービザで来たとか、言ってしまったようです。 UK Borderからしてみたら、アイルランドのワーキングホリデーでは、あなたはイギリスに滞在できないぞと言われるに決まっている。また、その証明やスケジュールなどは全てロンドンの自宅に置いてきたようで、証明がその場ではできず、そのまま滞在していたヨーロッパに逆戻り(もちろん自腹/カード払い)、その国から日本へ帰国(もちろん自腹/カード払い)となったようです。 ちなみに、この友人は帰りの飛行機のチケットもしっかり見せたが入国拒否だったそうです。 ここで、彼女が負担した費用は、合計で50万前後。荷物は後日、私が知人にお願いし発送してもらいました。。   短期語学留学(SVV=student visit visa)で6ヶ月滞在し、その後本格的に自分がやりたいことが見つかり、ファッションの学校に3ヶ月だけでもさらに勉強したいと考えた。ただ、このファッションの学校はビザを発行していないため、彼女は一度Amsterdam(アムステルダム)に旅行に行き、戻ってきて入国拒否にあった。帰りがいつになるのかわからなかったので、帰りのチケットは持っていなかった。 これは、上でも話していますが、 1年に6ヶ月以内であれば滞在可能で、1度イギリスを出て、また入ってきたらそこからさらに6ヶ月滞在できるとことではないようですので、お間違いなく。(私がイギリスにいる間に、お金を払ってビザ専門会社に聞いた情報ですので、ほぼ間違いないかと) なのです。彼女は噂で流れている、一度他のヨーロッパに出てまた入国する方法で、なんとか入れないかと考えたが、もちろん拒否。 ただ、彼女は英語でなんとか会話ができたのと、ファッションの学校のお金を既に支払い、入学許可も頂いていたという事で、特例で3ヶ月のみの入国が許可されたようです。 ただし、パスポートには何やらメモされていたみたいですよ。   Working Holiday(ワーキングホリデー)ビザで入国した方のパターン。 既に約1年半以上ロンドン滞在しているので、英語も話せる状態で一度日本へ帰国。普通なら入国できるのですが、UK Borderで・・・ 1) 話しすぎた。 というのがこの方の問題点だったようです。 そのまま聞かれた内容を、簡潔に話せばよかったのですが、この方は「イギリズに永住したいんです。」と何気ない質問で言ってしまったようです。 ※この話は直接の友人ではないので、簡単に聞いたお話です。   Working Holiday(ワーキングホリデー)ビザで入国した方のパターン。 医者として日本でも働いており、日本で仕事がある時は日本に帰国、あとはロンドンで生活という生活を2年近くしていたそうです。(ワーホリの期限以内だがギリギリ) ただ、ロンドンでもかなり派手に遊んでおり、見た目も派手。お金はいくらでもあるので、ギリギリまでロンドンで遊ぼうとまたロンドンに帰国した際に、怪しまれて入国拒否だそうです。 1) 遊んでいる=男/女がロンドンにいる=永住する気 のような、印象を与えてしまったのか、こんなにお金をロンドンに落としてくれる人間を入国拒否するなんて...と本人も言っておりました。 もちろん荷物はそのままロンドンにあるので、彼女が帰国後に時間が作れた叔母がロンドンにきて整理し帰国されたそうです。。   理由はなんにせよ、絶対にこれはNGということがビザサイトでも記載がないので、心配ですよね。なので、今までの例を見ながら、できるだけそうならないように、気をつけてください。 最低限必要だと思うものとして パスポートの期限は大丈夫か ビザは大丈夫か イギリスから他の国に行く際、学生の場合はレターがあるか、ビザは大丈夫か 帰国の飛行機のチケットは持っているか (結構聞かれるらしい) 銀行の残高証明書はあるか (私は見せろと言われた事はないが、持っていて損はない) 最低限、なぜきたか、どれくらい滞在予定か、どんな仕事をしているのか程度は英語で話せるように どこに滞在するか、住所をメモっておくこと。(知人の自宅というと少しいろいろ聞かれる可能性も)   また、一度入国拒否されると、その後数年は入国できないようですので、お気をつけて! この内容を見ているだけだと、不安な気持ちになる方も多いかと思いますが、私は2ヶ月で3回程度ロンドンのヒースロー空港を行き来しました。その際は、本当に何もビザのことなどもわからなかった為、銀行の証明書なんて持っていない、英語はそれほど話せない、ビザは旅行だったので持っていない状態でした。 しかし、世界一周で一度ヒースロー空港でおり、そのまま15時間後に日本に向け出発、3週間後に世界一周を再スタートだったのでイギリスに戻り3ヶ月滞在予定中(学校に行く)に、不幸があり日本に戻り、再度ロンドンへ戻る。といった複雑なことをしておりました。 が、拒否されたこともなく、もちろんその3ヶ月中に学校に行く事にしたので、ビザもSVVのハンコを最後の入国で押してもらい、ヨーロッパ旅行する際はレターを書いてもらって無事でした。    イギリス ビザ 入国拒否 は、しっかりと落ち着いて嘘なく話していれば問題はございません。必要最低限のものをしっかり準備していたらの! Enjoy your trip! {:}{:en}久しぶりに、 イギリス ビザ 入国拒否  、という、イギリスに行く方には非常に避けたいこの入国拒否について、実際に入国拒否を受けた友人や知り合いからの例を元に、お話してみようと思います。 これからイギリスに短期留学、大学留学される方、旅行で行かれる方、国際結婚で永住される方、仕事で行かれる方。 イギリスに行く理由は様々だと思います。 ビザについては、またじっくりとそれぞれの特徴、取得方法をお知らせ致します。 さて、今まで私の周りでもイギリスで入国拒否となった方たちが複数人います。そのみんなの特徴を調べて、できるだけ入国拒否にならずに安全に入国できるようにしたいですね。 アイルランドにWorking Holiday(ワーキングホリデー)で行き、アイルランドにいる際に何度かヨーロッパ旅行に。 その後、ロンドン留学を決めロンドンに無事入国。(学校の手続きなどもしっかり完了して入国) 学校3ヶ月行き、日本に帰国する前に、せっかくだからとヨーロッパ旅行にもう一度行く事に。スーツケースや荷物をロンドンの自宅に置き、身軽な状態で旅行としてヨーロッパ旅行へ。10日後にロンドンに入国し、その1週間後には日本帰国というスケジュールで日本帰国用のチケットも手配。・・・しかし入国拒否。 このケースで、私が問題だったと思う点はいくつか。 1) SVV=student visit visaを保有している人が、学校終了後にヨーロッパ旅行へ行くのは、避けたほうがいい。行くのであれば、学校に通っている間に、ホリデー手続きを行い、学校側からレターを発行してもらうべき。 └一度イギリスを出て、もう一度戻り6ヶ月滞在しようとする人がいるので、UK Border側はかなりこの状態を嫌ってる印象の為。ちなみに、1年に6ヶ月以内であれば滞在可能で、1度イギリスを出て、また入ってきたらそこからさらに6ヶ月滞在できるとことではないようですので、お間違いなく。(私がイギリスにいる間に、お金を払ってビザ専門会社に聞いた情報ですので、ほぼ間違いないかと) 2) ヨーロッパ旅行をかなりしているのであれば、また留学を何度かし、今回も3ヶ月ロンドンにいるのであれば、少しは英語が話せるべきという、先方のイメージがあるのかもしれない。(憶測) 友人はアイルランドで勉強し、ロンドンでも学校に通っていたが、リスニング、スピーキングが苦手だったようで、UK Borderの受け答えが上手にできなかった。→不信感を与え、別室での取り調べになった→なぜ勉強したのに何もわからない?という不信感を与えてしまった。 ※パニックになって普段以上に話せない、先方は留学生だからといってゆっくり話してくれないのでご注意を。 3) 私が帰国後に話しを聞いて感じたことの1つですが、必要以上のことは話すべきではない。(聞かれた事以上を話してしまって自爆してしまった可能性も) この友人は、なぜロンドンにまた入りたいのか、という質問で不信感を与えてしまった(?)ようで、その後の別室での質問で、聞かれてもいないアイルランドのワーキングホリデービザで来たとか、言ってしまったようです。 UK Borderからしてみたら、アイルランドのワーキングホリデーでは、あなたはイギリスに滞在できないぞと言われるに決まっている。また、その証明やスケジュールなどは全てロンドンの自宅に置いてきたようで、証明がその場ではできず、そのまま滞在していたヨーロッパに逆戻り(もちろん自腹/カード払い)、その国から日本へ帰国(もちろん自腹/カード払い)となったようです。 ちなみに、この友人は帰りの飛行機のチケットもしっかり見せたが入国拒否だったそうです。 ここで、彼女が負担した費用は、合計で50万前後。荷物は後日、私が知人にお願いし発送してもらいました。。   短期語学留学(SVV=student visit visa)で6ヶ月滞在し、その後本格的に自分がやりたいことが見つかり、ファッションの学校に3ヶ月だけでもさらに勉強したいと考えた。ただ、このファッションの学校はビザを発行していないため、彼女は一度Amsterdam(アムステルダム)に旅行に行き、戻ってきて入国拒否にあった。帰りがいつになるのかわからなかったので、帰りのチケットは持っていなかった。 これは、上でも話していますが、 1年に6ヶ月以内であれば滞在可能で、1度イギリスを出て、また入ってきたらそこからさらに6ヶ月滞在できるとことではないようですので、お間違いなく。(私がイギリスにいる間に、お金を払ってビザ専門会社に聞いた情報ですので、ほぼ間違いないかと) なのです。彼女は噂で流れている、一度他のヨーロッパに出てまた入国する方法で、なんとか入れないかと考えたが、もちろん拒否。 ただ、彼女は英語でなんとか会話ができたのと、ファッションの学校のお金を既に支払い、入学許可も頂いていたという事で、特例で3ヶ月のみの入国が許可されたようです。 ただし、パスポートには何やらメモされていたみたいですよ。   Working Holiday(ワーキングホリデー)ビザで入国した方のパターン。 既に約1年半以上ロンドン滞在しているので、英語も話せる状態で一度日本へ帰国。普通なら入国できるのですが、UK Borderで・・・ 1) 話しすぎた。 というのがこの方の問題点だったようです。 そのまま聞かれた内容を、簡潔に話せばよかったのですが、この方は「イギリズに永住したいんです。」と何気ない質問で言ってしまったようです。 ※この話は直接の友人ではないので、簡単に聞いたお話です。   Working Holiday(ワーキングホリデー)ビザで入国した方のパターン。 医者として日本でも働いており、日本で仕事がある時は日本に帰国、あとはロンドンで生活という生活を2年近くしていたそうです。(ワーホリの期限以内だがギリギリ) ただ、ロンドンでもかなり派手に遊んでおり、見た目も派手。お金はいくらでもあるので、ギリギリまでロンドンで遊ぼうとまたロンドンに帰国した際に、怪しまれて入国拒否だそうです。 1) 遊んでいる=男/女がロンドンにいる=永住する気 のような、印象を与えてしまったのか、こんなにお金をロンドンに落としてくれる人間を入国拒否するなんて...と本人も言っておりました。 もちろん荷物はそのままロンドンにあるので、彼女が帰国後に時間が作れた叔母がロンドンにきて整理し帰国されたそうです。。   理由はなんにせよ、絶対にこれはNGということがビザサイトでも記載がないので、心配ですよね。なので、今までの例を見ながら、できるだけそうならないように、気をつけてください。 最低限必要だと思うものとして パスポートの期限は大丈夫か ビザは大丈夫か ...

January 25, 2015
Airbnbとホステル、カウチサーフィンの使い分け
0

Airbnbとホステル、カウチサーフィンの使い分け

{:ja}今回は、私がこの旅で感じてよく使った方法を少しずつメモっておこうと思っている。 旅に出よう!と思ったときに、一番最初に考えるのがどこに行くか。 そして飛行機代のチェックだったりする。 そこが決まったら今度は宿探しとなるんだけど、結構私の場合って宿探しは場所を決めるときに一緒にチェックしている傾向があるかも。なぜなら一人で行く事が最近は多くなってるので、物価や宿代が気になる。飛行機代が安くても、結局宿代で高かったら意味が無い。 さらに最近は、現地にいって次の旅先を決めるという旅が多いので、真っ先に宿探しと交通手段は同時比較していくかなー。 そんな際に私が使っているサイトはこの3つ。 Hostelworld (ホステル探し) Couchsurfing(カウチサーフィン) Airbnb(エアービーアンドビー)   基本はこの3つかなー。ホステルに関してはもう少し探すかもだけど、基本このサイト。。 では、どうやって使い分けるかだけど、結構これは重要。 私の場合はこんな感じです。 ■既に知っている土地 Couchsurfing(カウチサーフィン) Airbnb(エアービーアンドビー) ■安く住ませたい Couchsurfing(カウチサーフィン) Hostel (ホステル) ■不安で初めての場所、土地勘がない場合 Hostel (ホステル) Airbnb(エアービーアンドビー) ■現地の人と仲良くなりたい Couchsurfing(カウチサーフィン) Airbnb(エアービーアンドビー) ■時間がないので中心地に住みたい Hostel (ホステル) ■一人の時間を過ごしたい、のんびりしたい Hostel (ホステル)のプライベート部屋 こんな感じだろうか。 総合的にいうと、 Hostel (ホステル)の場合 └中心地から近い事が多い └旅仲間を増やせる -Couchsurfing(カウチサーフィン) └宿代タダなので、ドリンクなどおごっても安く出来る(お礼や礼儀などもちろん神経も使う事もある) └どこででも寝れる(基本ソファーやリビングでの寝泊まり) └現地の人の家での宿泊の場合は、ローカルの情報を知れる └人によっては、街案内までしてくれる 海外生活がある人や、英語がある程度話せる、直感的に色んなフィーリングを察知できる人であれば、使って便利だが、そうでない人はやめた方がいい -Airbnb(エアービーアンドビー) └お金を払っての宿泊なので、Couchsurfing(カウチサーフィン)よりも安全な印象 └└お金を払っての宿泊なので、Couchsurfing(カウチサーフィン)よりも確実に自分の部屋が用意されていたり、充実している。 └現地の人の家での宿泊の場合は、ローカルの情報を知れる └人によっては、街案内までしてくれる 英語がある程度話せる、直感的に色んなフィーリングを察知できる人であれば、いいと思う、ビジネスとして成り立って入るが、やはり女性が男性の自宅に宿泊する際やその逆でも、色々と神経は使う事はある。 こんな感じです。 なので、私はまったくの初めての場所で短期滞在の場合は、手っ取り早くホステルを予約するか、airbnbを探してみたり。でも基本はローカルな生活をしたいので、Couchsurfing(カウチサーフィン)をメインに、airbnbを使い分けてます。   海外に行くと、気持ちがオープンになったり、言葉のニュアンスやカルチャーの違いで、ボディーダッチが多かったりするので、そういうのをしっかりと見極める必要があるかなーとは思う。あくまでも完全に自己責任の対応になるので、気をつけながら、思いっきり旅を楽しんでほしい♩{:}{:en}今回は、私がこの旅で感じてよく使った方法を少しずつメモっておこうと思っている。 旅に出よう!と思ったときに、一番最初に考えるのがどこに行くか。 そして飛行機代のチェックだったりする。 そこが決まったら今度は宿探しとなるんだけど、結構私の場合って宿探しは場所を決めるときに一緒にチェックしている傾向があるかも。なぜなら一人で行く事が最近は多くなってるので、物価や宿代が気になる。飛行機代が安くても、結局宿代で高かったら意味が無い。 さらに最近は、現地にいって次の旅先を決めるという旅が多いので、真っ先に宿探しと交通手段は同時比較していくかなー。 そんな際に私が使っているサイトはこの3つ。 Hostelworld (ホステル探し) Couchsurfing(カウチサーフィン) Airbnb(エアービーアンドビー)   基本はこの3つかなー。ホステルに関してはもう少し探すかもだけど、基本このサイト。。 では、どうやって使い分けるかだけど、結構これは重要。 私の場合はこんな感じです。 ■既に知っている土地 Couchsurfing(カウチサーフィン) Airbnb(エアービーアンドビー) ■安く住ませたい Couchsurfing(カウチサーフィン) Hostel (ホステル) ■不安で初めての場所、土地勘がない場合 Hostel (ホステル) Airbnb(エアービーアンドビー) ■現地の人と仲良くなりたい Couchsurfing(カウチサーフィン) Airbnb(エアービーアンドビー) ■時間がないので中心地に住みたい Hostel (ホステル) ■一人の時間を過ごしたい、のんびりしたい Hostel (ホステル)のプライベート部屋 こんな感じだろうか。 総合的にいうと、 Hostel (ホステル)の場合 └中心地から近い事が多い └旅仲間を増やせる -Couchsurfing(カウチサーフィン) └宿代タダなので、ドリンクなどおごっても安く出来る(お礼や礼儀などもちろん神経も使う事もある) └どこででも寝れる(基本ソファーやリビングでの寝泊まり) └現地の人の家での宿泊の場合は、ローカルの情報を知れる └人によっては、街案内までしてくれる 海外生活がある人や、英語がある程度話せる、直感的に色んなフィーリングを察知できる人であれば、使って便利だが、そうでない人はやめた方がいい -Airbnb(エアービーアンドビー) └お金を払っての宿泊なので、Couchsurfing(カウチサーフィン)よりも安全な印象 └└お金を払っての宿泊なので、Couchsurfing(カウチサーフィン)よりも確実に自分の部屋が用意されていたり、充実している。 └現地の人の家での宿泊の場合は、ローカルの情報を知れる └人によっては、街案内までしてくれる 英語がある程度話せる、直感的に色んなフィーリングを察知できる人であれば、いいと思う、ビジネスとして成り立って入るが、やはり女性が男性の自宅に宿泊する際やその逆でも、色々と神経は使う事はある。 こんな感じです。 なので、私はまったくの初めての場所で短期滞在の場合は、手っ取り早くホステルを予約するか、airbnbを探してみたり。でも基本はローカルな生活をしたいので、Couchsurfing(カウチサーフィン)をメインに、airbnbを使い分けてます。   海外に行くと、気持ちがオープンになったり、言葉のニュアンスやカルチャーの違いで、ボディーダッチが多かったりするので、そういうのをしっかりと見極める必要があるかなーとは思う。あくまでも完全に自己責任の対応になるので、気をつけながら、思いっきり旅を楽しんでほしい♩{:}

United Club in San Francisco ラウンジ
0

United Club in San Francisco ラウンジ

I'm gonna Chicago from San Francisco today and I used Priority pass in United Club! Friendly staff and sweet cookies but don't drink latte! Not hot and not taste... Such a shame. But there are also have other free drinks! You can enjoy there! I recommend these ...

May 28, 2014
プライオリティーパス
0

プライオリティーパス

My new travel is started from today! Now I'm in Tokyo, I'm going to San Francisco first, then go to Chicago and New York. After that I'm gonna around Europe :) This is my new business and little private. Hope it will be great everything. I'll try to ...

May 22, 2014
Tips  旅情報  
世界一周をマイレージで無料に
0

世界一周をマイレージで無料に

2年前にスターアライアンスのANAのマイレージプログラムに参加して世界1周をしてから、マイレージがかなり溜まっている。このマイレージでアメリカの友達のいるサンフランシスコ→シカゴ→ニューヨークと周ろうと計画を立てたが、ドイツにもちょっぴり行きたくなった。 行く予定のシーズンはミドルシーズンなので、55,000マイレージが必要だ。 そこでマイレージを使うべきか、それともチケットを購入したほうがいいのか知るために、ANAに電話してみた。そこで衝撃的な情報を得る。 「あなたの希望のルートだと、世界一周チケットになりますね。マイレージですと65,000から可能です。」 そうなんです、まったく知らなかったんだけど、マイレージで世界一周のチケットも手配できるのだ。しかも1年間有効でこれは通常のチケットと同じルール。 ただし、ストップオーバーできる回数などが異なるので、要注意だが、私には十分すぎる。 さらにお得なのは、世界一周チケットだとローシーズン、ミドルシーズン、ハイシーズン関係なしに、同じマイレージ数でいけるとあって、私の行くミドルシーズンのアメリカ3都市周るのと、世界一周をして戻って来る(距離によってマイレージが違うが)チケットだと10,000マイレージしか変わらないのだ。 時間がある人には絶対的にお得! そこで、私は最終的にこのようなルートにすることにした。 NRT-SFO-ORD-JFK-OPO-TXL-ZAG-IST-NRT 成田→サンフランシスコ→シカゴ→ニューヨーク→ポルト→ベルリン→ザグレブ→イスタンブール→成田 最終的には、ポルトからスペインのガリシアにバスで行き、そして数週間後に再度ポルトにいき、ポルト発ベルリン行きの飛行機を乗って、その日のうちにスウェーデンに飛んだ。 現地での自分で手配する飛行機が途中で入っても、上記のスケジュールに沿っていれば問題無いのだ。 しかもヨーロッパはかなりLCCがあるしバスや電車もあるので、本当に良かった。   Finally I booked my business trip today! This is for private and also business.  I'm so exciting about it!! NRT-SFO-ORD-JFK-OPO-TXL-ZAG-IST-NRT I booked my world travel ticket and also I will book other counties when I arrive in Europe. Well, actually this ticket is free price. I used ...

April 18, 2014
Tips  旅情報  
ニューヨークとロンドンの違いって?
0

ニューヨークとロンドンの違いって?

{:ja}ニューヨークにきてから、そろそろ10日が経とうとしている。 私は今回、ニューヨークにいて、ロンドンとニューヨークの違いを感じる事が多い。   【建物/街並】 ニューヨークはとにかく、ビルや家具に仕掛けがされていたり、街を歩くだけでモダンアートの世界に飛び来んだかのような風景を、よく見る事が出来る。 古いビルも新しいビルも、上手に一つの街として作り上げられている。 ロンドンはというと、全体的に古い建物がまだ多いような気がするけど、またそれがとても味があって素敵なヨーロッパの風景を楽しめる。 新しいビルや建物はこれからという所だろうか。 【店員さんの態度】 私が今回本当に感じた事は、お店の店員さんの態度。 日本からいくと、どの世界も「えっ。。。」と思う事は多いのは事実だけど、私はもうそんな事は慣れた。 でも、ロンドンからニューヨークにいって感じた事は、その「えっ。。。」なのだ。 とロンドンの接客は、タクシードライバー、駅員、コンビニの店員、カフェのスタッフであっても、みんな親切で丁寧に教えてくれる。 が、ここニューヨークは、本当に腹がたつような態度を取られるな~と感じる事が既に多々あるので、そこはもう諦めた方がいい。 前に住んだ時に感じてたけど、ロンドンで1年近く住んでたら忘れていたようだ。。 【インターネット】 インターネット事情はというと、 ニューヨークはどこのカフェの無料のWi-Fiを簡単に探す事が出来る。 が、少し危険な臭いがするので、ネット検索などならいいけど、その他の場合は、ちゃんとしたホテルや携帯のネットを飛ばした方がまだ安全なような気がする。 ※詳しくはわからないけど、無料のWi-Fiは簡単に探せるけど、それを使ってネット使うと思うと、危険信号(私のパソコン)が出るので、危険のようだ。 あとニューヨークは携帯電話のSIMカードを買って1カ月だけの短期などを購入すると、なんと75ドル程度かかる!!! 高い! ロンドンはというと、SIMカード(いくらか忘れた)を購入して、1カ月の使用だと15ポンド(20ドル位)で、ネット無制限でさくさく動く。 ニューヨークのネット無制限は、75ドルでも遅い!と私はいいたい。 けど、ロンドンでフリーWi-Fiはあんまりないような? 何かあれば、スタバやAppleの前に行けば、世界各国どこでも使える^^ 【天候】 私が来た時期6月中旬~からの天気だけど ニューヨークは、超晴れ。 年によって違うようだけど、今年は既に暑いらしい。確かに、暑いけど、日焼け止めしなくても、そんなに焼けない。 ※30度前後 ロンドンは晴れてても寒い。 友だちの話曰く、20度前後。私からすると、それでも暖かくなったな~と思った程。でも、夜はたまに10度前後まで下がるので、やっぱり寒いね。。ロンドン。 【夏のセールの時期】 セールの時期は、ニューヨークは、6月18日の段階で既に始まっていた。7月4日を皮切りに、本格的なセールが始まるらしい。 ロンドンは6月15日~ほとんど結構始まってきた。本格的なセールは、7月頭からじゃないかな? 【生活用品のプライス】 生活用品の金額面でいくと、 ニューヨークは、ロンドンより安い印象。 例えてみると。。。 (ドル=100円/ポンド=160円で計算) ■お洒落なカフェのハンバーガーが ニューヨーク⇒10ドルくらい+チップで2ドル=1200円 ロンドン⇒10ポンドくらい=1600円 ■電車代1週間 ニューヨーク⇒30ドル=3,000円 ロンドン⇒30.4ポンド⇒4,864円 *一回の乗車の場合 ニューヨーク⇒2.75ドル=275円 ロンドン⇒4.5ポンド=720円(※オイスターカードがない場合での計算、ある場合は2.8ポンド=448円) こう見ると、スゴイ電車代が高いので、是非近そうな距離の場合は歩いてみて!全然歩けますよ。 ■ラテの場合 ニューヨーク⇒4ドル=400円(だいたい350円~400円って感じ) ロンドン⇒2.5ポンド=400円(250円~400円って感じ) ちょっぴりロンドンの方が珍しく安い! 【家賃】 ニューヨーク(マンハッタン)⇒探せば800ドル~1300ドル(キッチン、バスなどのシェアで)=10万~13万 ロンドン⇒550ポンド~900ポンド(ゾーン1~ゾーン2の近いところ)=88,000円~144,000円 だいたいほぼ似たような感じ。 もちろんスタジオの場合はもっと高いけど。 【治安】 そして、治安面ですが、私が感じる事だけだけど、 スリなどは断然にロンドンの方が多いです。 ニューヨークは、逆に私は安全なような気がした。※安全じゃないけど。 ロンドンは本当にスリが多いので注意して!最初の1カ月~2カ月目にいった子たちは、ほぼ70%の確率で、やられています。 もちろん長く住んでいる人でも取られるので、本当に注意が必要。 ニューヨークはその点、その感じがしない。 【ナンパ度】 私がよく友だちから聞くのは、ロンドナーもニューヨーカーもどこにいるのかと。 逆にいうと、それほど観光客が多すぎて、わからないという事。 だか、そういった観光客が声をかけてくる事が多いような気がするけど、でもコンサートやライブ、パブに行くと現地の人も気軽に声かけてくれるので、どちらも同じかなー。 ニューヨークにいる時は、やたらと、黒人に声をかけられる事が多かった。 【その他の情報】 ニューヨークの週末は、意外と夜遅くまで空いているが、ロンドンは日曜は17時には例えピカデリーサーカスであっても閉まるので、ご注意を。 またニューヨークは黒人が多い印象。アジアンも多いが、英語が上手。 ロンドンに住んでる日本人と、ニューヨークに住んでる日本人は、ちょっと違うな~と思う事もある。でもいい意味で^^ そんな感じで、ニューヨークとロンドンの違いを感じたままに書いてみました。{:}{:en}ニューヨークにきてから、そろそろ10日が経とうとしている。 私は今回、ニューヨークにいて、ロンドンとニューヨークの違いを感じる事が多い。   【建物/街並】 ニューヨークはとにかく、ビルや家具に仕掛けがされていたり、街を歩くだけでモダンアートの世界に飛び来んだかのような風景を、よく見る事が出来る。 古いビルも新しいビルも、上手に一つの街として作り上げられている。 ロンドンはというと、全体的に古い建物がまだ多いような気がするけど、またそれがとても味があって素敵なヨーロッパの風景を楽しめる。 新しいビルや建物はこれからという所だろうか。 【店員さんの態度】 私が今回本当に感じた事は、お店の店員さんの態度。 日本からいくと、どの世界も「えっ。。。」と思う事は多いのは事実だけど、私はもうそんな事は慣れた。 でも、ロンドンからニューヨークにいって感じた事は、その「えっ。。。」なのだ。 とロンドンの接客は、タクシードライバー、駅員、コンビニの店員、カフェのスタッフであっても、みんな親切で丁寧に教えてくれる。 が、ここニューヨークは、本当に腹がたつような態度を取られるな~と感じる事が既に多々あるので、そこはもう諦めた方がいい。 前に住んだ時に感じてたけど、ロンドンで1年近く住んでたら忘れていたようだ。。 【インターネット】 インターネット事情はというと、 ニューヨークはどこのカフェの無料のWi-Fiを簡単に探す事が出来る。 が、少し危険な臭いがするので、ネット検索などならいいけど、その他の場合は、ちゃんとしたホテルや携帯のネットを飛ばした方がまだ安全なような気がする。 ※詳しくはわからないけど、無料のWi-Fiは簡単に探せるけど、それを使ってネット使うと思うと、危険信号(私のパソコン)が出るので、危険のようだ。 あとニューヨークは携帯電話のSIMカードを買って1カ月だけの短期などを購入すると、なんと75ドル程度かかる!!! 高い! ロンドンはというと、SIMカード(いくらか忘れた)を購入して、1カ月の使用だと15ポンド(20ドル位)で、ネット無制限でさくさく動く。 ニューヨークのネット無制限は、75ドルでも遅い!と私はいいたい。 けど、ロンドンでフリーWi-Fiはあんまりないような? 何かあれば、スタバやAppleの前に行けば、世界各国どこでも使える^^ 【天候】 私が来た時期6月中旬~からの天気だけど ニューヨークは、超晴れ。 年によって違うようだけど、今年は既に暑いらしい。確かに、暑いけど、日焼け止めしなくても、そんなに焼けない。 ※30度前後 ロンドンは晴れてても寒い。 友だちの話曰く、20度前後。私からすると、それでも暖かくなったな~と思った程。でも、夜はたまに10度前後まで下がるので、やっぱり寒いね。。ロンドン。 【夏のセールの時期】 セールの時期は、ニューヨークは、6月18日の段階で既に始まっていた。7月4日を皮切りに、本格的なセールが始まるらしい。 ロンドンは6月15日~ほとんど結構始まってきた。本格的なセールは、7月頭からじゃないかな? 【生活用品のプライス】 生活用品の金額面でいくと、 ニューヨークは、ロンドンより安い印象。 例えてみると。。。 (ドル=100円/ポンド=160円で計算) ■お洒落なカフェのハンバーガーが ニューヨーク⇒10ドルくらい+チップで2ドル=1200円 ロンドン⇒10ポンドくらい=1600円 ■電車代1週間 ニューヨーク⇒30ドル=3,000円 ロンドン⇒30.4ポンド⇒4,864円 *一回の乗車の場合 ニューヨーク⇒2.75ドル=275円 ロンドン⇒4.5ポンド=720円(※オイスターカードがない場合での計算、ある場合は2.8ポンド=448円) こう見ると、スゴイ電車代が高いので、是非近そうな距離の場合は歩いてみて!全然歩けますよ。 ■ラテの場合 ニューヨーク⇒4ドル=400円(だいたい350円~400円って感じ) ロンドン⇒2.5ポンド=400円(250円~400円って感じ) ちょっぴりロンドンの方が珍しく安い! 【家賃】 ニューヨーク(マンハッタン)⇒探せば800ドル~1300ドル(キッチン、バスなどのシェアで)=10万~13万 ロンドン⇒550ポンド~900ポンド(ゾーン1~ゾーン2の近いところ)=88,000円~144,000円 だいたいほぼ似たような感じ。 もちろんスタジオの場合はもっと高いけど。 【治安】 そして、治安面ですが、私が感じる事だけだけど、 スリなどは断然にロンドンの方が多いです。 ニューヨークは、逆に私は安全なような気がした。※安全じゃないけど。 ロンドンは本当にスリが多いので注意して!最初の1カ月~2カ月目にいった子たちは、ほぼ70%の確率で、やられています。 もちろん長く住んでいる人でも取られるので、本当に注意が必要。 ニューヨークはその点、その感じがしない。 【ナンパ度】 私がよく友だちから聞くのは、ロンドナーもニューヨーカーもどこにいるのかと。 逆にいうと、それほど観光客が多すぎて、わからないという事。 だか、そういった観光客が声をかけてくる事が多いような気がするけど、でもコンサートやライブ、パブに行くと現地の人も気軽に声かけてくれるので、どちらも同じかなー。 ニューヨークにいる時は、やたらと、黒人に声をかけられる事が多かった。 【その他の情報】 ニューヨークの週末は、意外と夜遅くまで空いているが、ロンドンは日曜は17時には例えピカデリーサーカスであっても閉まるので、ご注意を。 またニューヨークは黒人が多い印象。アジアンも多いが、英語が上手。 ロンドンに住んでる日本人と、ニューヨークに住んでる日本人は、ちょっと違うな~と思う事もある。でもいい意味で^^ そんな感じで、ニューヨークとロンドンの違いを感じたままに書いてみました。{:}

June 28, 2013
Tips  旅情報