この施設はドイツ統一時代から数年間生き残ったが、結局1997年に閉鎖された。それ以来、建物と敷地は地方自治体の管理下にある歴史的モニュメントとして保護されている。 2005年には、その物件をロシアの投資家と医療機関に売却し、それを新しい診療所に転換することを提案しました。好奇心を抱くジャーナリストは、何年も経って建設が行われずに、あるいは現場で基本的なメンテナンスが行われなくても、この新しい所有権は、複数のシェル企業を収容するスケッチのある場所にしか行かないことを発見しました。

さて、この病院何故こんな状態なのか。
Weissensee児童病院(Kinderkrankenhaus-Weißensee)の計画は1908年に始まり、乳幼児死亡率の上昇に対処するために創られました。ここでは牛を飼っており、子供達が母親の乳では足りない場合にと備えていました。そのため、牛を飼っていたであろう建物も存在します。同病院は、1987年に東ドイツ政府が新たな希望として建て、世界戦争と冷戦の2つの戦争で生き残りました。

この施設はドイツ統一時代から数年間生き残ったが、結局1997年に閉鎖され、現在に至ります。1997年以降、建物と敷地は地方自治体の管理下にある歴史的モニュメントとして保護されており、 2005年には、その物件をロシアの投資家と医療機関に売却し、それを新しい診療所に転換することを提案しました。しかしそれは莫大な費用を必要とし、結局その提案は叶わず、のちにホームレスやアーティストたちが目をつけ、現在のように、建物の中は廃墟となったその不思議で不気味な雰囲気とともに、アーティスティックな一面を見せています。

それほど多くの観光客がここを訪れる事はなく、地元ローカルの人たちは知る人に知られる秘密の場所。ここで稀にパーティーが行われることもあるとか。ただし、それは違法行為であると思われますが、そこまで管理されている感じでもないようです。

電気や水は一切止まっていますが、多くの窓は破壊されているので、日差しは中まで入りそれほど真っ暗ではない印象でした。一人で行くには勇気がいりますが、複数人で行くには、珍しい場所です。

 

 
 

もう1つの建物はここから。

 

場所はここ:Hansastraße 178-180, 13088 Berlin

Login Registration
Remember me
Lost your Password?
Login Registration
Registration confirmation will be emailed to you.
Password Reset Registration
Login