Europe, Portugal

好きすぎるポルトの街並み

>The Journeynote The Journeynote
March 28, 2018

ポルト、ポルトガルの第二の都市であり、ポートワインで有名な場所ですが、そもそもポートワイン自体を知らない人も多い事実。。残念ながら。。

しかし、世界30カ国以上旅し、100都市以上回った私からすると、ポルトは私の一番大好きな街といっても過言ではない、大好きなところなのです。

そんな魅力を、写真と一緒にお伝えできたらと思います。

 

ポルトは調べてみると、なんと面積は 41.42 km²ほどでポルトガル北部の港湾都市。人口約263,000人。これしか住んでいないんですね。印象からすると、活気があるかと言われるとそうではなく、のんびりとした時間がゆっくりと過ぎていく、とても天気も良く食事も美味しく治安も良く、皆フレンドリーで本当にすぐ友達になってしまうような人たちばかりで、観光をしにくる!という感じよりも、のんびりしにきました!というのが正解かもしれません。

 


観光は1日で十分だと思われるほど、それほど多く観光する場所はなく、とは言ってもあのハリーポッターで有名な「世界で最も美しい書店」との誉れ高いレロ書店(レロ イ イルマオン)がある。

今回は言っていないが、前回行ったとき(2014年くらい?)は、まだ店内撮影禁止でしたが、最近では入場料を撮って撮影できるようにしているのだとか。

次回行ったときには、写真をとってみようと思います。今回はどうせ写真撮れないと思い行きませんでしたが、調べてみると方針が変わったそうです。(そっちの方が商売になると思うし!)

 

また、この橋を渡った先には、ポートワインがたくさんあるワイナリーやカフェがずらりと川沿い、その裏にひしめいています。私は、なかなか日本でも買えないRamos Pintoが好きなので、すぐさまそこへ!
色々と飲み比べしているので、ほとんどのポートワインが知っていますが、10年もの〜30年のもは飲み比べていないので、そのポートワインが飲み比べられる一番高いものをオーダー。
5グラスで20ユーロ、個人的には安いと思う。

詳しくはポートワイン紹介でご紹介します♪

 

さて、私はポルトガルのタイルを使った建物が大好き!街を歩いているだけで、こんなうちを建てないな〜(現在建築中ですが、当然こんなおうちは無理)なんて羨ましい気持ちで見てます。

 

私がいった3月21日〜3月26日はとても天気がよかったですが、まだ寒くジャケットは必要。また前回行ったときは6月中旬〜でしたが、その頃も大変天気がよく、その頃はコート不要。ベルリンに住んでいるとこのビタミンD(日差し)がたまらなく恋しい!本当に太陽って大切ですよね。

今回はポルトの街並みの紹介です。

具体的な内容はどんどんアップして行きます。

Login Registration
Remember me
Lost your Password?
Login Registration
Registration confirmation will be emailed to you.
Password Reset Registration
Login