Cafe & Restaurant, Spain

ギネスブック認定の世界最古レストラン「Botín(ボティン)」

>The Journeynote The Journeynote
July 23, 2015

旅行する時に、基本現地で歩きながら旅のプランを考えている私にとっては、周りの人の情報はとても貴重で、今回マドリードで必ず行くべきレストランとして紹介された場所がある。

それが、あのギネスブックに世界最古レストランとして認定されている「Botín(ボティン)」というレストランで、創業は1725年というから驚きだ。そして作家ヘミングウェイが愛したレストランでもあり、彼の小説『日はまた昇る』に登場することでも知られています。また、スペインを代表する画家でもあるゴヤが、ここで食器を洗っていたという記録もあるようで、その歴史、多くの著名人が愛したレストランということがわかる。
その周りにはバーやレストランも数多くありマーケットもある。Botín(ボティン)の周りには既に多くの人が写真を撮ったり出入りしている感じで、賑わっている。
中に入ると運よく席があり通される。小さな洞窟のようなレストランで、多くの人が早くも楽しく食事をしている。雰囲気としては堅苦しくはないが、価格もなかなかいい金額だったと思うので、カジュアルすぎる格好ではなく、それなりの格好で行くべきかなと思う。

Botín

 

一番有名なのは、Cochinillo Asadoという豚の丸焼きを切ったようなもので、皮部分がとってもカリッカリで中はジューシー。美味しかった!

IMG_5364

IMG_5360

IMG_5378

IMG_5377

IMG_5375

IMG_5366

 

Calle Cuchilleros, 17, 28005 Madrid, Spain
http://www.botin.es/?q=en/node/1
Open hour 1:00 – 4:00 pm / 8:00 pm – 12:00 am

Login Registration
Remember me
Lost your Password?
Login Registration
Registration confirmation will be emailed to you.
Password Reset Registration
Login